生命・医療保険の選び方 | 安い保険のメリットデメリット

生命保険・医療保険の賢い選び方

生命保険・医療保険のかしこい選び方

生命保険医療保険
かしこく選んでいますか?無駄づかいしていませんか?

 

 

現在あなたが加入している保険は本当に必要な補償ですか?

 

若い時に職場で勧められるままに、何となく入ったままになっていませんか?

 

 

その死亡保障は本当に必要ですか?
逆に足りていますか?
その医療保障にムダはありませんか?
3大疾病は十分にカバーしていますか?
目的に合わない保険に入って、大切なお金を無駄にしていませんか?
医療保障、死亡保険の特約で入っていませんか?

 

 

時代遅れの保険に加入し続けてはいませんか?

 

 

保険見直しのタイミングは、人生の中で何度も訪れます。
それは、人生の中で重要なライフステージの時期に重なります。
なぜかと言えば、ライフステージが変わることで、
必要な補償が変化するからです。

 

 

それは、家計の節約につながるというメリットを伴います。
嬉しいことですよね。
大事なことは、まず必要な保険を考える前に、
必要のない保険を外すことから考えることです。

 

 

必要のない補償のために保険料を払い続けることほど、
無駄なことはありません。

 

 

生命保険・医療保険の選び方として大変重要なこと。

 

 

定期的に見直しを行うことと、そのタイミングが大切です。

 

 

生命保険・医療保険を選ぶ時、まず気になるのは金額ですよね。
参考例として、
管理人が定期保険・医療保険の見積もりを取って比較してみました。
わかりやすく安い順にランキングしましたので、
相場として、ぜひ参考になさってください。

 

 

ただし、あくまで、管理人の場合の保険料です。

 

保険料は、性別・年齢・条件によって全く違う金額になります。

 

当サイトの数字は、あくまで参考値とされた上で、
あなた自身の保険料も複数の会社で比べてみてくださいね。

 

 

スポンサードリンク

 

定期保険見積もり結果比較 安い順ランキング

 

◆基本的比較条件◆
見積もり日: 平成30年7月23日
年齢    : 40歳
保険期間: 10年間
保険金額: 1,000万円

 

※それぞれの会社によって、まったく同じ条件ではない可能性があります。
あくまで、管理人に対する見積もりでありますこと、ご理解ください。

 

安い順 会社名 商品名 月払保険料 形式

1

SBI生命 クリック定期! 1,390円 ネット

アクサダイレクト生命

アクサダイレクトの
定期保険2

1,450円 ネット

ライフネット生命 かぞくへの保険 1,463円 ネット

4

チューリッヒ生命 定期保険プレミアム 1,550円 ネット・対面

5

メットライフ生命 スーパー割引定期保険 1,560円 ネット・対面

 

医療保険見積もり結果比較 安い順ランキング

 

◆基本的比較条件◆
見積もり日: 平成30年7月23日
年齢    : 40歳
入院給付金: 日額:5,000円
払込期間: 終身払
三大疾病一時金:あり

 

※それぞれの会社によって、まったく同じ条件ではない可能性があります。
あくまで、管理人に対する見積もりでありますこと、ご理解ください。

 

安い順 会社名 商品名 月払保険料 形式

1

オリックス生命 新CURE[キュア] 3,232円 ネット・対面

オリックス生命 新CURE Lady[キュア・レディ] 3,387円 ネット・対面

三井住友海上あいおい生命 新医療保険Aプレミア 4,294円 対面

4

アクサ生命 スマート・ケア 5,907円 対面

5

アクサ生命 スマート・ケア for Ladies 6,352円 対面

 

こちらのサイトでは、
複数の生命保険・医療保険・がん保険の保険料を比較できます。
気に入った商品のパンフレットを
無料で一括請求することもできます。

 

>>【i保険】保険の一括資料請求はこちら

 

 

まずは、保険料の相場を知ることからはじめましょう。

 

 

スポンサードリンク

安い保険のメリットデメリット

家計のことを考えると、できるだけ安い保険を探したい

 

 

正直な気持ちだと思います。
でも、安さだけで即決するのは危険だということを、
心に留めておいてください。

 

 

ネット保険

 

 

最近、CMでもよく耳にすると思います。
保険会社みずからが「安くなる!」と宣伝していrます。
しかし、この安さにはワケがあります。
一番安い生命保険・医療保険を選ぶのであれば、
ネット型生保のデメリットをきちんと知っておくべきです。

 

 

ネット型生保で契約する場合、

 

 

従来の代理店型と違って、契約手続きから請求まで、
全て自分でやる必要がある点をよく理解しなければいけません。

 

 

保険にあまり詳しくない方が十分気をつけなければいけないのは、
あまり内容を理解しないで、最安の補償を選んで契約してしまい、
いざ、保険金が必要な時に、必要な補償が受けられなかった、
ということが少なからずあるようです。

 

 

安いネット型の保険での契約を考えている方、
そのうえ、ご自身があまり保険に詳しくないと思っている方は、
こちらのページを確認されることをおすすめします。

 

>> ネット型生命保険・医療保険のメリット・デメリット

 

 

また、上の見積もり結果を見てもわかるように、
以外と代理店型のネット型の保険料に差がありません。
逆に、代理店型の方が安いものもあります。
条件もさまざまですから、一概には言えませんが、
近頃は、ネット型=安いという方程式は、
くずれつつあるのかもしれません。

 

 

ですから、あくまでも、保険選びは、保障と金額のバランスですね。

見直しタイミングはこんな時

それぞれの重要なライフステージに、
保険の見直しを行った方たちの体験談をご紹介します。

 

 

 

これらは、すべて、
人生の転機ともいえる重要なタイミングにあたります。
重要な時期だからこそ、その時期・状況に最適な契約を
しっかりとしていく必要があります。

 

 

しかし、保険商品の種類は、びっくりするほど数多くあります。
医療、火災、学資、地震、
海外旅行、ペット、個人年金等々。
そんな保険もあったんだ!なんて思うようなものも
たくさん存在します。

 

 

ですから、素人だけで調べ、選ぶには、とても難しいのが現実です。
例え一生懸命研究して、比較して、選んだとしても、
本当にベストな選択だったのか不安が残りますよね。

 

 

そんな保険の見直しに、とても便利なのが、
ネットから予約ができる、ファイナンシャルプランナー(FP)無料相談」
そして、お近くの保険ショップでの保険相談です。

 

 

>>保険の専門家に無料で相談する2つの方法

 

 

保険のプロフェッショナル、ファイナンシャルプランナー(FP)に、
無料で納得がいくまで相談にのってもらうことができます。

 

 

ファイナンシャルプランナーの相談するメリットは、
深い専門的な知識を持っている保険のプロの話が聞けること。

 

 

そして、たくさんの種類の保険を比較できることです。

 

 

管理人として、こちらの方が重要だと思います。

 

 

保険会社のカモにされている

 

 

あまり上品ではありませんが、これはよくあることです。

 

 

すぐに保険商品を購入しなければならない、
と肩に力を入れないで、
自分と家族の保険の見直しをする、
ベストなタイミングはいつなのか、
今必要な補償はきちんと契約できているか、
必要のない補償を契約していないか、
それらの点を確認するつもりで、
ファイナンシャルプランナーに相談してみてはいかがでしょうか?

 

保険は、年齢や家族構成、ライフスタイルに合わせて保障を選ぶ

 

独身世代の生命保険は?

 

 

独身のうちは医療保障を充実させておくといいでしょう。

 

病気にかかったりケガをした時には、
医療機関で治療を受けることになります。
入院したり手術を受けた場合は、医療費を支払わなければなりません。
公的な医療保険は使えますが自己負担額が発生するため、
入院期間が長引くとかなりの医療費を請求されてしまうことになります。。
医療保障を充実させておけば自己負担額を支払っても、
保険金を充てることができるので安心です。

 

「結婚」は最初の見直しタイミング

 

 

結婚すると保険金の受取人は、パートナーになることが一般的です。

 

この”結婚”のタイミングで保障内容を全面的に見直ししましょう。

 

子供が生まれたら、
手厚い保障を付けておかないと安心できませんね。
子供が成長するまでは保障額を多めにしておき、
成人すると同時に保障を下げる方も多いです。

 

女性特有の病気をカバーする医療保険

 

 

医療保障を充実させているものの中には、
女性だけが加入できる女性向けの医療保険もあります。
女性特有の疾病に対して保障する内容になっているので、
年齢に応じて加入を検討するということもあります。

 

女性特有疾病例

  • 子宮がん
  • 卵巣がん
  • 乳がん
  • 乳腺症
  • 子宮内膜症
  • 子宮筋腫
  • 帝王切開
  • 流産
  • 卵巣の機能障害
  • 卵巣のう腫など

 

これらの疾病は、20代・30代からリスクが高まると言われており、

 

特に乳がんは、20代後半からリスクが高まり、
かつ近年増加傾向にあります。
年齢が上がると病気を発病するリスクも上がりますが、
遺伝や体質によって検討する必要もあります。。

 

自動車を運転する方

 

 

自動車を運転する方が加入する
自動車保険も定期的に見直しすることをおすすめします。

 

1年ごとの更新が一般的なため、

 

更新のタイミングで補償内容や料金面を見直しましょう。

 

 

自動車保険の補償は大きく分けて、

 

  • 相手方への補償、
  • 自分への補償、
  • 車の補償

 

に分けることができます。
相手方への補償を削ってしまうといざという時に困ってしまうので、
この部分に関してはしっかり付帯させておきましょう。

 

 

対人賠償と対物賠償は、
保障金額を設定せずに無制限でかけておきましょう。

 

 

対物賠償への考え方は人それぞれですが、
万一大きな事故を起こしてしまうと、
一億円以上の損害に繋がる可能性がないとは言えません。
これだけの損害賠償額を背負うことになってしまうと、
一生をかけても払うことは困難でしょう。

 

 

自分への補償では、人身傷害や搭乗者傷害で担保します。
この二つの補償は見分けが付きにくい部分がありますが、
人身傷害の方は実際に発生した損害額を受け取ることができます。
過失の割合を問われないため、
自分の方が過失が大きい場合でも補償されます。
一方の搭乗者傷害では、
あらかじめ決めておいた補償額が支払われるという点で
大きく違ってきます。

 

 

どちらも補償額が選べるタイプが多いので、
必要に応じて金額を設定しましょう。

 

 

車両に対して補償をつけると、
支払う料金が一気に高くなります。
車両保険と言われるものですね。
新車で購入した場合は、補償をつけておくと安心できますが、
古い車の場合は補償をつけない方も多いです。

 

 

補償内容を変更すれば、
支払う料金が変わってきても当然ですが、
補償内容はそのままでも、
損保会社を変えるだけで料金に大きな差が出ることもあります。

 

 

料金を比較したい時は、
インターネットの一括見積もりサービスを利用すると便利です。
見積もりに必要な情報を一度入力するだけで、
複数の会社から見積もり額が提示されます。
その中から最も料金が安くてお得な商品を見つけ、
乗り換えるようにしましょう。

 

 

自動車保険の場合は、等級によって割引率が決まってきますが、
会社を乗り換えても等級はそのまま引き継がれるので
心配することはありません。
じっくり検討するためにも、
契約期間が満期になる数ヶ月前から検討を始めましょう。

 

 

>>最適な自動車保険を選ぶ方法 | 私の体験談

ファイナンシャルプランナーとの出会いは重要

ライフプランニングにおいて、
保険は大変重要なものとなります。

 

 

しかし誰しもが、
保険についての深い知識を持っているわけではありません。

 

 

長い人生において、
順風満帆な時ばかりとはいかないのも人の人生です。

 

しかし恐れることはなく、それに備えておけばいいわけです。

 

そのためには、専門知識を持つ人との出会いも大切ですし、
その人が信頼出来る人であるかどうかも重要となります。
私が保険の見直しを考え始めたのは、30代に入ってからです。

 

 

20代は健康そのもので、仕事もバリバリこなしてきました。
しかし、20代後半から30代にも入ってくると、
周囲の状況にも変化が出てきたのです。
結婚したり、出産をして家庭に入る友人も出てきました。
また、20代の頃より、体力的に無理が効かなくなってきたのも、
だんだん自分自身でも感じてきてきました。

 

 

気持ちの上では、あまり変わりはないと思いたいですが、
体力にも変化が出てきますし、
ライフスタイルも変わってくることを目の当たりにし、
今後のことも真剣に考えるようになったのです。

 

 

自分の場合は、インターネットをフル活用しました。
そこで、一人のファイナンシャルプランナーとの出会いがあり、
保険も大きく見直すこととなったのです。

 

 

今後のことも真剣に考えたかったので、

 

いくつかの無料保険相談サービスに申し込みをして、

 

数人のファイナンシャルプランナーの方と相談をしました。

 

セカンドオピニオンならぬ、サードオピニオンです。

 

その中で1番、自分にとってベストな提案を出してくれたのが、
現在の私のファイナンシャルプランナーです。

 

 

このファイナンシャルプランナーからのアドバイスにより、
私は、保険の見直しを実際に行うことになりました。
本当は知人の紹介などが良かったのですが、
周囲もそれほど親しくしているファイナンシャルプランナーは
いない状態でした。
ですから、自分で実際に探して、
会って相談をしてみるという方法をとったのです。
正直、若干時間もかかりましたが、
信頼を重視して選んだのは、正解だったと感じています。
そのファイナンシャルプランナーは、
これまで数多くの人の相談に乗っているという実績がありました。
決して無理な商品の紹介をすることなく、
とにかくこちらの話をじっくりと聞いた上で、
ベストな提案をいくつも出してくれたのです。
経験もう豊富であり、なおかつ知識が高いため、
どんな質問にも的確な回答をしてくれました。
また、自分でも気がつかなかった点を指摘してくれ、
より良い保険にするためのベストなアドバイスもくれました。

 

 

ファイナンシャルプランナーとのご縁は、
”ライフプランニング”という大きな観点から考えても、
とても大切だと感じています。

 

 

そんな保険の見直しに便利なのが、
インターネットから予約ができる、
ファイナンシャルプランナー無料相談」です。

 

 

なにはともあれ、嬉しいことに無料ですから、
納得のできる、相性の良いFPに出会うまで、
根気強く数人にお会いして相談し、
生涯のライフプランナーになり得る方と出会えるのが一番いいですね。
もちろん、最初に出会ったファイナンシャルプランナーが、
ベストだと思えたら、それはとても幸せなことです^^

 

 

>>保険の専門家に無料で相談する2つの方法

 

 

 

スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 保険見直しの見積もりと相談方法 代理店型・ネット型の違い