保険見直しのタイミング | プロ(FP)に無料相談!

医療保険の種類と解説

医療保険のおすすめは補償の種類が充実している商品

生命保険に加入している方は多いと思います。
しかし、生命保険だけでは、保障の内容に不安があるという方は、
医療保険にも加入して備えておくことをおすすめします。

 

 

そもそも生命保険と医療保険には、
どのような違いがあるのか確認しておきましょう。

 

生命保険と医療保険の違い

 

生命保険とは、

 

被保険者が死亡した時等に
多額の保険金が支払われるというものです。

 

 

もちろん他にも保障は付いていますが、
メインは死亡保障ということになるでしょう。

 

 

医療保険とは、

 

被保険者が死亡時に支払われる保険金は少
額に設定されていることが多く、
メインは、入院や手術に対する保障となります。

 

 

医療保険と一口に言っても、様々な種類があります。
保険を販売している会社ごとに保障の種類が違いますし、
一つの保険会社から、
複数の医療保険を販売していることもあります。

 

 

どれを選んで良いか迷った時は、
保障の内容と月々支払う保険料で比べてみるといいでしょう。

 

 

医療保険に付いている保障には、入院と手術、通院等があります。

 

 

加入する時は、入院の日額を設定しますが
予算に応じていくつかのパターンから選ぶことができます。
安いものでは、日額5千円程度の保険もありますし、
1万円から1万5千円と高額に設定することも可能です。
入院する理由は、病気でもケガでも対象となるので、
傷害保険のようにケガに限定しているわけではありません。

 

 

入院日額1万5千円の保障を付けておけば、
保障額を受け取る時は助かりますが、
毎月の保険料が高くなるというデメリットがあります。

 

 

手術給付金は、
病気やケガで手術を受けた場合が保障の対象になります。
手術給付金の設定の仕方は、保険会社によって異なり、
入院日額の何倍という形にしているものや
手術の種類ごとに定額に設定しているものもあります。

 

 

以前の医療保険では、入院日額が支払われるのは、
入院して数日後からというものが多かったですが、
現在の医療保険は、ほとんどが、
日帰り入院や日帰り手術も保障しています。
医療技術が発展しているため、
日帰りで受けられる手術の種類も多くなっています。
入院日数自体も短くなっているので、
当日から保障された方が助かりますね。

 

 

さらに入院する前と退院した後に、通院した場合も、
日額が支払われる医療保険もあります。
通常入院したり手術を受ける時は、
前後に通院する方が多いでしょう。
通院にも交通費がかかりますし、
仕事を休んで病院に行かなくてはならないので、
少しでも保険金が受け取れた方がいいでしょう。

 

 

医療保険の保障は、主契約とは別にオプションを付けて
保障を充実させることができます。
通院保障に関しても、
オプションという扱いになっている場合があるので、
加入時にどちらかを選択することになります。

 

 

医療保険に入る時は保険料が気になりますね。
年齢が上がるごとに保険料も高くなるので、
契約期間が長期の保険を選べば途中で上がることはありません。

 

 

医療保険には、大きく分けて、
終身タイプと定期タイプの2種類があります。

 

 

終身タイプには、保障が一生涯続くというメリットがあります。
高齢になってからの方が、医療費負担が増える可能性が高いため、
老後に備えたい方にはおすすめです。

 

 

定期タイプの場合は、
契約期間満了までが保障の対象となります。
そのため契約期間が切れる頃には、
同じ保険を更新したり別の保険を探さなければなりません。
更新する時には、保険料が高くなることが一般的ですが、
定期的に見直ししたい方に適しています。

 

 

女性には女性専用の医療保険もあるので、
保障内容を確認してみましょう。

 

>>保険の見直しをするベストなタイミングとは?

 

 

>>火災保険の種類と解説


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 保険見直しの注意点 保険見直し相談体験談 保険マンモスの評判・口コミ