火災保険の種類と解説

火災保険の種類と解説

補償の種類が豊富な火災保険がおすすめ

住んでいる住宅で火災が起こったら、
大切な財産を全て失ってしまいます。

 

 

住宅はもちろんですが、
中にある家財道具から衣類やアクセサリー類等、
長年かけて買い集め、大事にしていた物が、
一瞬にしてなくなってしまうのです。

 

 

しかし、火災保険に入っていれば、
失った財産の代わりに保険金を受け取ることができます。
新しく住宅を建てたり、
家財道具を一式買い揃えることも可能です。
いざという時のために、
誰もが加入しておきたい保険の一つと言えるでしょう。

 

 

火災保険の場合は、
生命保険ではなく損害保険に分類されます。
そのため保険への加入を希望する時は、
損害保険会社の代理店を探してみるといいでしょう。
代理店では、複数の火災保険商品を扱っていることが多いので、
それぞれの補償の種類や内容について説明を受けながら、
一番納得できる商品を選ぶことができます。

 

 

火災保険も生命保険と同じように、
インターネットを利用して、
自分で選びたいという方もいらっしゃるでしょう。
通販型の火災保険もあるので、
補償の種類を確認し、他の保険と比較することをおすすめします。

 

 

 

 

火災保険の補償についてチェックしてみましょう。

 

保険をかける対象は、建物家財に分かれます。

 

 

建物だけにかけることもできますが、
家財もセットでかけておけば安心です。

 

 

火災保険と言っても、
火災が起こった時だけ補償されるというわけではありません。
落雷や破裂、爆発、風災、雪災、雹災といった
災害にも対応しています。

 

 

これらの偶然的な災害によって、
建物や家財が損害を被った場合に、
保険がおりるようになっています。
また、水濡れや物体の落下、飛来も補償の範囲としています。

 

 

水濡れというのは、給排水設備に事故が起こった時に
室内が水浸しになってしまうことがあります。
このような時は火災保険の補償対象となります。

 

 

自宅が盗難被害に遭った場合も補償されるという点は、
ご存じない方も多いのではないでしょうか。
留守中に空き巣が入って、
家財道具が盗まれてしまった時でも、
盗難補償を付けておけば補償の範囲内で保険金が受け取れます。

 

 

盗難の場合は、補償の対象に含まれない物もあります。
通貨、切手、印紙といった物は、
補償の対象にしていない保険が多いでしょう。
現金や預貯金通帳に関しても、
上限が設定されていることがほとんどです。
盗難被害による保険金請求では、
警察署への届け出が必要になります。

 

 

火災保険も、
希望に合わせて補償内容を組み立てることができるので、
必要性を感じない補償があれば取り外すことも可能です。

 

 

保険料の負担が気になる方は、
オールリスク型ではなく、
リスクを限定している保険を選ぶといいでしょう。

 

 

住宅の種類によって、加入できる火災保険が変わってきます。
アパートやマンション等の賃貸住宅にかける保険は、
所有者用ではなく入居者用の保険となります。
入居者は、
基本的に建物ではなく家財に対して保険をかけることになります。
自分が火災を起こしてしまった時は、
所有者である大家さんに対して損害賠償責任が発生します。
アパートの一室を燃やしてしまったり、
共用部分に損害を与えた時は、
自分が加入している入居者用の保険の
借家人賠償という項目から、
保険金が支払われることになるのです。

 

 

他にもオプションが付いている保険がありますが、
個人賠償責任補償がセットになった入居用の保険が多いでしょう。
個人賠償責任補償があれば、
ベランダから鉢植えを落として通行人にけがをさせたり、
他人の所有物に損害を与えた場合等が補償の対象となります。
個人賠償責任は補償の範囲が広いですから、
契約時に確認しておくことをおすすめします。

 

 

住宅を購入する時に、金融機関で住宅ローンを組む場合は、
火災保険に加入しなければなりません。
金融機関から火災保険を紹介されますが、
個人的に探して加入することもできます。

 

 

最後に、大事なことをお伝えします。

 

 

火災保険では、地震・噴火・津波を原因とする損害は補償されません。

 

 

これはとっても重要なことです。
近年増えている自然災害、その中でも地震が起きた場合、
火災保険から保険金は下りないのです。
そのためにあるのが、地震保険です。

 

>>地震保険の種類と解説

 

 

スポンサードリンク

 

 

>>保険の専門家に無料で相談する2つの方法

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 保険見直しの見積もりと相談方法 代理店型・ネット型の違い