ペット保険の種類と解説

ペット保険の種類と解説

大事なペットが病気になった時、慌てないためのペット保険

動物の治療は保険がないということで、
治療料金が、とても高額になってしまいます。
では飼い主は、ペットの病気のときには、
ひたすら我慢して支払わなくてはならないのでしょうか?

 

 

もし高額費用を払うしかないのでしたら、
ペットが亡くなったあとに、負担がつらいということで、
二度とペットを飼う人がいなくなってしまうかもしれないですね。
そんなときに、便利なものがあるのです。
それがペット保険に加入するという方法です。

 

 

ペット保険に加入していると、
治療費の負担が少なくて済むケースがあります。
これはどういうことかというと、
ペット保険とは、動物病院などでペットが治療を受けたときに、
その治療費や手術代、入院費用などの一部を
保険会社に負担してもらえるサービスのことをいいます。

 

 

つまりは、人間の保険と同じで、
あとで治療代の一部費用が戻ってくることにより、
飼い主の負担が減ることになるのです。
このようなペット保険に入っておくことで、
万が一のペットの病気のときにも、
高額な治療費を支払わなくても済むので安心なのです。

 

ペット保険は大きく2種類に分類されます。

 

このペット保険ですが、タイプによって、大きく2種類に分けられます。

 

  • 損害保険会社が扱う「損害保険
  • 少額短期保険会社が扱う「少額短期保険

 

このの2つです。これはどういうものかというと、
損害保険というのは、
損害保険契約者保護機構に加入しているため、
万が一、損害保険会社が破綻した場合も、
保険金が定められた割合で補償されるというメリットがあります。

 

 

だったらすべてのペット保険は、
損害保険がいいのかというとそんな単純ではないのです。

 

 

少額短期保険は、
支払う保険料が比較的少ないものが多いので、
飼い主の経済的負担も軽くなります。
ただし、いまは、
少額の損害保険のペット保険を扱っている会社もでています。
アニコム損害保険株式会社とアクサ損害保険株式会社の
2社がありますから、
まずはそこがおすすめのペット保険ということになります。
ただ、もっと少額の保険もいろいろありますので、
自分で調べたり、専門家に相談してみましょう。

 

 

ペットを飼っている人はとても多いですよね。
犬や猫などのほかに、うさぎとか、ヘビとか、
さまざまな種類の動物を一緒に生活をされる方が増えています。

 

 

そしてみなさん、ペットというよりも、
自分の家族同様化、それ以上に大切にしています。

 

 

ですが、犬や猫の寿命というのは人の寿命よりも短いので、
子犬や、子ねこで飼い始めたとしても10年くらいで、
人間でいうとかなりの、高齢になってしまいます。

 

 

若くて元気なときは、
ずっとこのような健康がずっと続くと思うものですが、
犬や猫が歳を重ねていくスピードというのは、
わたしたちが想像するよりもずっと早いです。

 

 

そして、残念ながら、いつまでも元気で、
長生きしていることばかりではありませんよね。
ときには病気になります。
病気の内容も人間同様にガンや糖尿病など、
長い間治療が必要だったり、手術が必要なこともあります。

 

 

ただ、ペットの場合、人間のような健康保険がないので、
すべて実費になります。

 

 

そのほかにも、
飼い主がペットのためにやらなくてはならないことに、
予防接種があります。
これもかなり高額なお金がかかります。

 

 

ちょっと体調が変だと、レントゲンを撮っただけでも、
1万以上かかることもあります。
注射とか検査が増えれば増えるほど、
かなり高額な請求をされるケースもあるのです。

 

 

もっと症状がひどくて、手術が必要な病気ということになると、
簡単に30万とか50万くらいかかるケースも
決して珍しくはないのです。

 

 

どんなに高額な費用が掛かったとしても、
大切な家族なのだと、なんとか支払うケースもあれば、
どうしても支払えないことで、
後悔をいつまでもひきずってしまうケースもあります。
こういうケースは、珍しいケースではありません。

 

 

そういう後悔をしないためにも、
ペット保険の加入を真剣に考えてみてはいかがでしょうか?

 

>>保険の専門家に無料で相談する2つの方法

 

 

>>学資保険の種類と解説


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 保険見直しの見積もりと相談方法 代理店型・ネット型の違い