海外旅行保険の種類と解説

海外旅行保険の種類と解説

海外旅行保険に入るなら補償の種類が多いものがおすすめ

海外旅行に行く時は、
多くの方が海外旅行保険に加入するでしょう。

 

 

国内の旅行とは違い、
海外では様々なハプニングが起こることが多いですから、
万一のことを考えて、
海外旅行保険に加入して備えておく必要があります。

 

 

外国に行った時に起こりえるハプニングと言えば、

 

 

盗難や病気、ケガ等

 

 

が考えられます。

 

 

国内なら何とか対処ができても、
慣れない土地で言葉も思うように伝わらないと、
どうしていいのか見当もつかないでしょう。
そのようなリスクに備えておけるのが海外旅行保険です。

 

 

一口に海外旅行保険と言っても、
補償の内容は一つではありません。
損害保険会社で扱っている保険商品ですが、
それぞれの会社によって補償の種類や内容は違ってきます。
自分に合った海外旅行保険を選ぶためには、
補償の種類が多いタイプを選ぶことをおすすめします。
どのような種類の補償があるのかチェックしてみましょう。

 

海外旅行保険の補償の種類

 

傷害や疾病に対する補償

 

まずは、傷害や疾病による死亡に対する補償があります。
海外旅行先で思いがけず、
事故に遭ったり病気を発病してしまった場合の補償で、
傷害後、後遺障害に対する補償も付いています。
さらに、治療や救援費用もほとんどの保険についていますが、
オプションとして追加することで補償がつけられる場合もあります。

 

個人賠償責任という補償

 

個人賠償責任という補償の種類もあります。
個人賠償責任は、一般的な損害保険でもつけられる補償で、
法律上の損害賠償責任を負った時に補償されるというものです。
他人の所有物に損害を与えたり、
他人にケガをさせてしまった時等が当てはまります。

 

 

海外旅行保険での個人賠償責任では、
海外に行った時に、誤って物を壊してしまうことが、
考えられるリスクの中で最も高いでしょう。
例えば、ホテルに宿泊した際に備品を壊したり、
バスタブの水が溢れ出して、
客室を水浸しにしてしまうといったケースはよく聞く話ですね。

 

 

故意ではないにしろ、
ホテル側からは弁償を求められることも考えられます。
損害保険会社で、個人賠償責任保険に加入しているから、
わざわざ海外旅行保険で、
備える必要はないと思ってしまう方もいらっしゃるでしょう。
しかし、国内の個人賠償責任保険は、
海外で起こったトラブルに関しては、
対象外となるので気を付けなければなりません。

 

 

個人賠償責任の補償額は高額になっている保険が多く、
ほとんどの保険で1億円の補償がついているので、
いざという時も安心です。

 

携行品損害の補償

 

海外旅行保険では、
携行品損害の補償がついていることも特徴的です。

 

 

携行品というのは、旅行に行く時に持参する物で、
カメラやアクセサリー類、洋服、航空券等が対象となります。

 

 

持参した物が損害を受けた場合に補償の対象となりますが、
海外で行うスポーツのために持参した物に関しては、
補償の対象外となるケースが多いでしょう。
スポーツが目的で海外旅行に行く方は、
対象となる保険を選ぶことをおすすめします。

 

航空機寄託手荷物遅延という補償

 

海外旅行ならではの補償と言えるのが、
航空機寄託手荷物遅延という補償の種類です。

 

 

航空機に搭乗する際に手荷物を預けますが、
現地に到着しても手元に荷物が届かないということがあります。
国内旅行では考えにくいケースですが、
海外では決して珍しくないのです。

 

 

この補償がついていれば、一定時間内に届かない場合に、
生活必需品を購入した時に支払ったお金が補償されます。

 

航空機遅延に対する補償

 

同じように航空機遅延に対する補償もあります。
この補償は、搭乗した航空機の遅れや変更によって
発生した費用を補償します。

 

 

ホテルの宿泊費用や電車、
タクシーを利用した際の交通費が含まれます。

 

 

 

海外旅行保険を探す時は、
補償内容だけでなく保険料も比較しながら選ぶことになるでしょう。

 

>>保険の見直しをするベストなタイミングとは?

 

 

>>個人年金保険の種類と解説


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 保険見直しの注意点 保険見直し相談体験談 保険マンモスの評判・口コミ