地震保険の種類と解説

地震保険の種類と解説

地震保険の種類とおすすめの保険とは

近ごろでは、世界各地でさまざまな災害が起こっています。
特に、規模の大きな地震が頻繁に起こり、
多くの人々がその被害に遭っているのです。

 

 

世界の中でも日本は、
最も地震が多い国のひとつとして知られています。
そのため、万が一の地震に備えて、
耐震強度の高い住宅やビル、病院などが
数多く建てられています。

 

 

しかし、それでも巨大地震が起こると、住宅が崩壊したり、
火災や津波などの被害を被ってしまうリスクも高まります。
そのようなリスクを少しでも軽減するためには、
地震保険への加入が必要不可欠といえます。

 

地震保険の種類はさまざま

 

地震保険には、さまざまな種類があり、
その契約内容を十分に調べて理解した上で選ぶことが
何よりも重要です。

 

 

地震保険の種類には、
火災保険とセットで加入するタイプのものや、
共済の地震保険、
単独でも加入できる地震保険などがあります。

 

 

スポンサードリンク

 

火災保険とセットで加入するタイプ

 

火災保険と一緒に、
損害保険会社に申し込むことになる地震保険は、
法律に基づいて、
政府と損害保険会社が運営する制度です。

 

 

どの会社で加入したとしても、
補償範囲や補償額などの内容、保険料は同じです。
ただし、保険料は、各都道府県や建物構造によって
異なる場合がありますので、注意が必要です。

 

 

この制度は、
火災保険を補完する目的で作成されたもので、
火災保険では補償されない地震や噴火、
またはこれらを原因とする津波などによる
あらゆる損害を補償しています。

 

 

 

新型火災共済

 

県民共済やJA共済、全労災などが扱っている
新型火災共済では、
地震による被害に対しても、お見舞共済金があります。

 

 

地震による半壊、半焼以上の被害が対象となり、
加入額の5パーセントの範囲内で
最高300万円までのお見舞共済金を受けとることが可能です。

 

単独でも加入できるタイプ

 

また、これまでの地震保険は、
火災保険とセットでなければ加入することができませんでしたが、
最近では単独でも加入できる
地震保証保険というタイプも登場してきています。

 

 

これは、地震による被災者の
生活の再構築をサポートするという主旨の
新しい災害保険といえます。

 

 

その補償額は、最大で900万円までとなっていて、
多くの被災者からも厚い信頼を集めています。

 

 

このように、地震保険はそれぞれ異なる特徴をもっています。
いつ起こるか予測がつきにくい地震に対して、
どれくらいのレベルで備えるかは、個人差があり、
個人の考え方や危機意識の高さによっても違ってきます。

 

 

大切な自宅や家族をあらゆる災害から守るために、
最善を尽くしたいと望んでいる人は、
年々急速に増加してきています。

 

 

月々の保険料を多く払うことによって、
万が一の際の経済的な負担を最小限に抑えることが可能ですので、
このような地震保険を上手に賢く利用している人も
幅広い世代で多く見られるようになりました。

 

 

さまざまな保険契約がある中でも、おすすめの方法としては、
従来の火災保険とセットで加入するタイプと、
単独でも加入できるタイプと、
組み合わせて契約する方法があります。

 

 

従来型は、最大でも
火災保険金額の半分までしか補償されませんので、
足りない分は、単独でも加入できる地震保険でカバーする
というやり方も効果的です。

 

 

このように、一人一人のライフスタイルや
将来設計などを見据えた上でで、
より安心して生活していくことができる保険を選ぶことが
何よりも重要な点といえます。

 

 

大規模な地震によって、
家財道具や自宅が大きな損害を被ってしまった場合には、
よりスピーディーに、
家族全員が新しい生活を取り戻していくことができるよう、
経済的にも強力にバックアップしてくれる地震保険は、
多くの被災者たちからも絶大な支持と満足度を得ています。
被災者が新たな生活を立て直していくために、
最大限のサポートを提供しているのです。

 

>>保険見直しを専門家に相談する方法とは?

 

 

スポンサードリンク

地震保険の必要性と確定申告の際の地震保険料控除について知っておこう

損害保険は、日常で起こりえる
様々なトラブルに備えるために加入するものです。

 

 

今現在はリスクを感じることがなくても、
想定外のトラブルは、いつ起こってもおかしくありません。

 

 

特に地震への備えを万全にしておきたいというのは、
誰でも思うことでしょう。

 

 

日本は地震大国と言われており、
毎日のようにどこかで地震が発生していますね。
大規模な地震が発生するリスクは常に抱えているので、
普段から対策を講じておく必要があります。

 

 

住宅にかける保険には、火災保険地震保険があります。

 

 

火災保険は多くの方が加入しており、
賃貸住宅にお住まいの方は、自己所有の家財に対する補償と、
大家さんに対する借家人賠償を付ける形になります。

 

 

もちろん一戸建て住宅にお住まいの方は、
自己所有の住宅に保険をかけることになります。

 

 

火災保険に加入していれば、地震が起こった時に発生する
火災にも対応できると思ってしまいますが、
実は地震が原因の火災は、
地震保険に加入していないと補償されないのです。

 

 

この事実を知ってしまうと、
地震が多い日本に住んでいて、
地震保険の必要性を感じないということはないでしょう。

 

 

地震が起きて自分の家に住めなくなると、
その後の生活がどうなるのか心配で仕方がありませんね。

 

 

地震保険に加入しておけば、地震や噴火による、
火災、損壊、流出、埋没といったリスクを補償してくれるので、
いざという時でもある程度の保険金を確保することができます。

 

 

火災保険の必要性と同じように、
地震保険にも必要性を感じている方は多いでしょう。

 

 

ただ地震保険の場合は単独で加入することはできません。

 

 

火災保険に付帯して加入できる保険のため、
地震保険の必要性を感じたら、
現在加入している火災保険の保険会社に相談してみましょう。

 

 

地震保険でも、
建物とは別に家財にも保険をかけることができます。

 

 

家の中には数えきれない程の家財があり、
全てを失ってしまうとかなりの損失になります。

 

 

家財に保険をかけておけば、
いざという時でも新しい物を購入する費用に充てることができます。

 

 

地震保険に加入する際に払った保険料は、
確定申告の時に地震保険料控除が適用されます。

 

 

確定申告は、一年に一度行うもので、
収入を申告したり控除分を申告することができます。

 

 

確定申告は、毎年二月から三月にかけて行われているので、
地震保険料控除を希望する際は、
証明できる書類を持参しましょう。

 

 

地震保険への加入を検討している方は、
保険料を調べることから始めるといいでしょう。

 

 

保険料は色々な条件で決まるようになっていますが、
建物構造が大きく影響してきます。

 

 

鉄筋コンクリート造等の構造物であれば、
保険料は抑えられますが、
木造等の燃えやすい住宅の場合は保険料が高くなります。

 

 

さらにお住まいの地域によっても保険料が変わります。

 

 

地震のリスクが高い地域で保険に加入する場合は、
リスクが低い地域と比べて高くなっています。

 

 

地震保険には割引制度もあるので、
該当する割引があれば、保険料が割引されて得になります。

 

 

建築年割引というのは、建物が建築された年を問うもので、
昭和56年の6月以降に建てられた住宅なら割引が適用されます。

 

 

他にも耐震等級割引や耐震診断割引等があるので、
分からない点があれば、
損害保険会社の代理店に聞いてみるといいでしょう。

 

 

地震保険の保険料は
、火災保険の保険料と比べて安いですから、
万一のリスクを考えたら加入しておいた方がいいですね。

 

 

保険期間は一年で契約してもいいですし、
長期の契約を結ぶことも可能です。

 

 

しかし、火災保険のように、
10年を超えるような保険期間を設定することはできず、
最長で5年となります。

 

 

つまり5年の保険に加入すれば、
5年後に更新手続きを行う必要があるのです。

 

 

期間満了が近づいたら保険会社から案内があるので安心です。

 

>>保険の見直しをするベストなタイミングとは?

 

 

>>ペット保険の種類と解説


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 保険見直しの注意点 保険見直し相談体験談 保険マンモスの評判・口コミ