ファイナンシャルプランナーにセカンドオピニオンを求める

FPにセカンドオピニオンを求める

ライフプランニングにおけるセカンドオピニオンとは?

ファイナンシャルプランナーという資格は、
最近になっていろいろな分野で注目を集めている資格です。
国家資格ではないため様々な職業の人が資格を取得しています。
当然、業務に必要となって、取得した資格の一つが
ファイナンシャルプランナーという方も多いようです。

 

 

セカンドオピニオンとは、
複数の医師による診断で自分の治療法を決定するなど、
複数の意見を聞いて自分の方針を決めるための
情報を求めるシステムと理解されています。

 

 

実際、医療現場ではがんと診断された人が
治療方針を決めるために別の病院を訪れ、
再度意見を求める制度が定着しつつあります。

 

 

ファイナンシャルプランナーでも得意分野が違えば、
ライフプランニングを行う上で違う意見が出てくるのは
当然の流れです。
ファイナンシャルプランナーに、
セカンドオピニオンを求める状況で多いのが、
多額の出費を伴う長期のローンを組むときなどが一般的です。

 

 

この条件に該当するのは、住宅の購入であり、
その他には多額の投資を行うときなどになります。

 

 

住宅ローンは、返済期間が長期間になるため、
金利によっては借換などが積極的に行われる
金融分野となります。

 

 

新規にローンを組むとき、
返済を始めてから5年ほど経過すると利息が変更される場合など
同じ住宅ローンでも、
見直しのタイミングがある長期の金融負債という側面があります。

 

 

見直しのタイミングでは、返済に使用している金融機関の窓口や
取引のある金融機関で借換の勧誘が行われ、
ファイナンシャルプランナーに接する機会が多くなります。

 

 

複数のファイナンシャルプランナーの意見を参考に、
将来のライフプランニングに住宅ローンの返済関連の項目を加え、
老後に備える工夫を行うには、
複数のファイナンシャルプランナーの意見を参考に
自分の意見を反映させることが肝要となります。

 

 

セカンドオピニオンだけでは不安ということであれば、
さらに別のファイナンシャルプランナーの意見を求めることも
容認されています。

 

 

ライフプランニングにおけるセカンドオピニオンについては、
住宅ローンだけではなく、老後の生活設計なども
最近は注目されるようになっています。
しかし、多くの人が
定年まで同じ企業に勤め続けることが珍しくなった今、
モデルケースと呼ばれる存在もないため、
ライフプランニングを行うとほとんどオーダーメードになるため、
時間がかかります。
人の数だけ、ライフプランニングはそれぞれ違うものであり、
年代・生活状況により、
必要な保険やお金の悩みも全く違うということです。

 

 

住宅ローンの切替のタイミングが近い、など
予測を建てることができる場合は、
ファイナンシャルプランナーへの相談はできるだけ速く、
切替の1年前くらいには情報収集をはじめないと
セカンドオピニオンを吟味する時間がなくなってしまいます。
大事なお金のこと。
余裕をもって、じっくり検討できるといいですね。

 

 

>>保険を見直しする必要性はあるのか?

 

 

スポンサードリンク

 

 

>>保険見直しのタイミング | トップページ


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 保険見直しの見積もりと相談方法 代理店型・ネット型の違い