30代男性の保険見直しポイント

30代男性の保険見直しポイント

守るべきものができる年代、30代男性の保険見直しポイント

男性にとって30代は、
ライフステージにも変化のある時期になります。

 

 

社会に出てがむしゃらに学び続けた20代を通り過ぎて、
会社では部下もできてきますし、
プライベートでも、パートナーとの新しい生活が
スタートする人が多くなってきます。

 

 

結婚をしたり、子供が出来たりすることで、
守るべきものが出てきます。
ひたすら自分だけのために生きてきた今までとは違い、
家族のことも考えて、備える必要も出てきます。

 

 

そんな理由から、30代男性の保険の見直しは、
見直しをする方全体の割合としても多いようです。
保険のプロへの相談する方が圧倒的に多く、
真剣に見直しを検討していくケースが多いです。

 

 

保険見直し方法として、インターネットで
サクサクシミュレーションしていく方法もあります。
今では、インターネットで契約や見直しなど、
一通り行うことができる保険会社も登場しています。
インターネット上で完結する手段は、今
の時代にあっているとも言えるでしょう。
実店舗は持たないものの、コールセンターは用意しているため、
インターネットでの見直しといっても、
電話での相談も不可能ではありません。
仕事も面白くなってきている、働き盛りの30代の男性には、
自分の時間に合わせての、イ
ンターネットでの見直しも、ひとつの手段です。

 

 

インターネットの時代においても、人気のある見直し方法といえば、
やはりプロとの対面による相談方法です。
家族のために、自分のためにも、
保険のプロとの対面での相談は、
じっくりと話ができて見直しにも最適な方法と言えます。

 

 

30代の男性の保険に対する意識は、
20代の頃とは大きく変わってくるものです。
保険に対してというよりも、
社会に対しての意識に変化が起きるケースは多いです。

 

 

見直しをするべきポイントは、いくつかあるため、
押さえておくとよいでしょう。

 

 

30歳代の人にとって、まず見直しもをしておきたいのが、
医療保険と死亡保険です。

 

 

この年代は、家族も増えているケースが多いですから、
若い頃の保険と同じ内容ではなく、
家族のことも考えた保険へと、
見直しをしていくことが大事になります。

 

 

愛する奥さんと子供がいる場合、
子供の教育費も考えていく必要が出てきます。
子供を公立の学校に通わせた場合、
大学を卒業するまでのあいだには、
1人の人間に、約1千万円かかるというリサーチがあります。
そこから死亡保険の金額を考えていくと、
まずは年収3年分に、プラスして
子供を育て上げるのに1千万円と考えて置くと良いでしょう。

 

 

日本において公的医療保険システムは充実したものです。
実はある程度の貯蓄があれば、
加入しなくても大丈夫という説もあるほどです。
しかし、貯金があまりない時に、長い期間働けなるのは困ります。
そのリスクを避けるためにも、家族を守るためにも、
金額としても安い掛け捨て医療保険に加入して、
貯金が十分になったらやめるなど、方法も様々です。

 

 

30歳代にもなると、健康のことも気になり始めます。
働き盛りで自分では元気だと思っていても、
人間ドックなどの検診では、
なにかしらの病気の初期症状が見つかったりもします。

 

 

日本における死亡原因のトップはがんです。
50代や60代の高齢の方だけがかかるとは限りません。
働き盛りで家族もいるときに、何かの病気にかかったら、
働けなくなったり、収入もダウンしていきます。
そういったことも考えると、
見直すには良いタイミングの年代とも言えるでしょう。

 

 

インターネットでも、ある程度の情報は収集することができます。
自分で調べた上で、保険代理店の窓口や、
ファイナンシャルプランナーなど、専門家への直接的な相談で、
説明を聞いて一緒にに考えてもらうとよいでしょう。

 

>>保険のプロ(FP)に無料で相談できるサービス

 

 

>>40代女性の見直しポイント


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 保険見直しの注意点 保険見直し相談体験談 保険マンモスの評判・口コミ