50代男性の保険見直しポイント

50代男性の保険見直しポイント

医療保険の補償を見直す必要がある、50代男性の保険見直しポイント

人は生活してゆく上でどの様な事があるか分りません。
その様な突然の出来事に対応するためにも、
死亡保険や医療保険などに加入している人は多いと思います。

 

 

それでは、50代になった男性の場合は、
保険見直し方法はどの様な事に注意すべきでしょうか。

 

 

20代から40代ぐらいまでは、子供はまだ学生の場合が多く、
奥さんは、専業主婦かパート労働の場合が多いです。
この年代で困る事は、不慮の事故や病気などで死亡した場合に、
残された家族の生活を、どの様に維持してゆくかでしょう。
ですから、医療保険はもちろんですが、
死亡時の補償の大きな保険に加入しておく必要があります。

 

 

50代になった男性の場合、
身体のいろいろな所に問題が生じてくる方が多いのも事実です。
ですから、保険見直し方法としては、
死亡保険以上に、医療保険の補償を見直す必要があるでしょう。

 

 

この年代からの病気で最も怖いのは、ガンを発症する事でしょう。
ガンであっても、
初期の段階であれば完治する事例が数多くありますが、
50代の男性と言えば、
重要な役職について会社からも期待され頼られる存在です。

 

 

少々体調が悪くても、病院にゆく事を伸ばして、
ガンなどがかなり進行してしまう事例もあります。
この様な事になっては困ってしまいますが、
あらゆる事を想定して保険見直し方法を考えたり、
フィナンシャルプランナーなりに相談すべきでしょう。

 

 

通常の医療保険と共にガンに対応した保険には、
必ず加入する事が大切だと思われます。

 

 

また、最近のガン治療は先進治療が進んできて、
高度な治療方法によって、
完治したり延命できるようにもなってきました。

 

 

しかし、この先進治療は、健康保険適用が出来ずに、
かなりの高額の治療費が必要になる場合が多いのです。
その為にも、これらの先進治療費も補償できるような
医療保険に加入して、万が一に備えておくことは、
本人にとっても家族にとっても一つの安心材料です。

 

 

それと同時に、
死亡保険の補償額などの見直しもしておく事でしょう。

 

 

子供達は独立して、自分で生活を賄えても、
残された奥さんが生活に困らないだけの保障が出るように
考えるべきでしょう。

 

 

保険料が高額になるようなら、
死亡後の遺族年金などの計算もして、
どの程度の保障があれば老後に備えるかも計算してみましょう。

 

 

死亡時だけでなく、健康で生涯を全うをする場合も、
老後の年金だけで生活が保障できるかも考えるべきです。

 

 

夫婦二人で生活する場合の、
最低必要月額を試算してみる事です。

 

 

持ち家か借家かなどそれぞれの生活環境によって、
必要月額には差が出てきますが、
これをしっかり把握する事がとても大切です。

 

 

場合によっては、故郷の田舎に帰って生活すると、
田舎に父母の残した家があり、趣味程度に農業をやる事で、
少々の余裕が出てくる場合もあります。

 

 

また物価の安い東南アジアに移住する事で、
生活に余裕を持てるようになるかもしれません。

 

 

このように老後のあり方をシュミレーションして、
必要な生活費を算出しましょう。

 

 

どうしても年金だけの生活が苦しいようなら、
年金代わりになる保険に加入する事も考えなくてはなりません。

 

 

50代の男性にとって保険見直し方法は、
ありとあらゆる事を想定する必要があるのです。

 

 

奥さんと老後のあり方を良く話し合って、
何歳まで働いて何歳でリタイヤして、
二人でどの様に生活を送りたいのかを想定してみることが重要です。

 

 

せっかく今まで頑張ってきたのですから、
老後は夫婦で楽しく余裕のある生活を送りたいものです。
この老後を二人の理想どおりに送れるか、
もしくは苦しい思いをして毎日辛い思いをするかの分かれ道。

 

 

ある程度の老後の姿が想定できたら、
フィナンシャルプランナー等専門家にに相談して、
保険見直し方法をアドバイスしてもらいましょう。

 

>>保険のプロ(FP)に無料で相談できるサービス

 

 

>>60代女性の見直しポイント


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 保険見直しの注意点 保険見直し相談体験談 保険マンモスの評判・口コミ