60代女性の保険見直しポイント

60代女性の保険見直しポイント

プロと家族の力も借りたい、60代女性の保険見直しポイント

60代からの、女性の保険見直し方法としては、
まずは自分で現在加入している保険の、
内容項目を確認することから始めるとよいでしょう。

 

 

60代に入ったら、若い世代のように見直しというよりは、
活かすことを考えていくのが建設的です。

 

 

基本的に生命保険というのは、
年齢がアップするに連れて、保険料もアップしていきます。

 

 

保険見直し方法では、まずは現状を知ることから始めることです。

 

 

保障は何歳まで持続するものなのか、
保障される金額はいくらであるのか、
保険証券を出して確認をしてみるとよいでしょう。

 

 

加入している今の保険を、
上手に活かせる手段を探すのは良い方法です。

 

 

女性は平均寿命も男性より長いですし、
この先を真剣に自分や保険と向き合うのにも、良い機会となります。

 

 

内容がわかりにくいのであれば、
保険会社のコールセンターに電話をして問い合わせたり、
営業担当に聞いてみることもできます。

 

 

保険見直し方法として、
保険会社の窓口に出かけていく方法もあります。

 

 

保険代理店は、全国いたるところになるため、
利用もしやすいと言えます。

 

 

しかし、相談はしたいものの、
ほかの商品を売りつけられるかもしれない、と
不安に思うこともあるでしょう。

 

 

その場合には、
成人している家族と一緒に、窓口へ行くと良いです。
今までに保険の見直しを経験している、
周囲の友人と一緒に来店し、相談をするというのも良い方法です。

 

 

高齢であるために、保険商品をどんどん売り込まれる、といった
心配はそうはありませんが、
誰かが一緒であれば、そう言った不毛な心配もしなくて済みます。

 

 

60代女性の保険見直し方法では、
ファイナンシャルプランナーに相談する、という方法もあります。
この時も、家族に同席してもらうのも良いでしょう。

 

 

自分ひとりで説明を聞いて判断するのではなく、
家族や信頼できる人が一緒に話を聞いて、
判断にも知恵を貸してくれますから、安心感が違いますよね。

 

 

保障は現状のままで掛け続けるべきかどうか、
保障をもっと小さくしての持続が良いのかなど、
じっくりと話してみることです。

 

 

持続しての契約は不要と思える内容は、
切り替えを検討するとよいでしょう。

 

 

年齢的にも60歳以降になると、支払いの方法として、
終身のずっと支払い続ける保険の払込がほとんどになってきます。

 

 

一時払いではない限り、ずっと支払いを続けることになるので、
今の保険内容は、よく検討することが必要です。

 

 

現実的な話で行けば、
60代での見直しの際にも加入が増えるのは、
これからを考えた介護保険になります。
一時払いを選択しての、高齢者の加入率は増えてくる年代です。

 

 

加入する為に一時金を支払うことになりますが、
金銭的に余裕がない場合は、
保険よりも貯蓄を増やしていくことに専念したほうが、
良いケースもあります。

 

 

60代ともなれば、
手のかかっていた子供も社会人となっている頃ですし、
教育費という負担からも、やっと解放される時期になります。

 

 

今からは、自分自身のために、
そして配偶者との生活をメインに考えて、
穏やかで安心な将来に備えて行くという時期に入ります。

 

 

充実したセカンドライフを過ごすことのできる、
保険の見直しという視点で、
前向きに検討をしていくことも大切です。

 

 

子供たちが成人を迎え、社会人ともなれば、
支払額としても高めの死亡保険は必要とは言えなくなります。

 

 

今度はその分を、自分たちの老後のために、
切り替えていくとよいでしょう。

 

 

年代的にも、高齢になると疾患のリスクも高くなるため、
女性特有の病気に備えた保障も、
見直しとして検討をしていくと良いです。

 

 

女性特有の疾患とともに、
生活習慣病などのリスクも高まりますから、
それらの保障も安心な内容をピックアップして、
検討するのも良いですね。

 

>>保険のプロ(FP)に無料で相談できるサービス

 

 

>>60代男性の見直しポイント


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 保険見直しの注意点 保険見直し相談体験談 保険マンモスの評判・口コミ