保険見直し体験談 | 海外赴任

保険見直し体験談 | 海外赴任

海外赴任の際、自分で現地での補償を探した体験談

転勤で海外赴任する際に心配されるのが、
現地でのさまざまな保障ですよね。
安全で医療補助制度がしっかりしている日本とは違い、
海外では、医療制度も保障制度も全く違い、
そもそもさまざまな災害や治安などの問題もあり、
より充実した保障が求められます。

 

 

こうした海外に長期赴任する場合には、
企業が駐在員の福利厚生の一環として、
さまざまな保険に加入させてくれたりするケースもありますが、
自分でこうした保障を探して、
準備しなければいけないケースもあります。

 

 

実際、私の場合、
こうした手続きを、自分でしなければいけませんでした。

 

 

そこで、無料の相談サービスというものを
利用することにしたのです。

 

 

現地の医療制度や保障市場が未熟な場合には、
海外旅行保険も大きなメリットがあります。
もともと旅行者の為の保障ですが、
保障期間を長くして保障内容も充実させるなど
駐在員向けの商品を開発している会社が
たくさんあるということがわかりました。

 

 

こうした海外旅行保険や国内健康保険の保障について、
具体的なプランを提示してくれたので、
とても選びやすかったです。

 

 

専門家のアドバイスを受けて、
旅行者向けの保障と現地保障を組み合わせ、
十分な対策を取ることができたため、
安心して派遣先に赴任することができました。

海外赴任向けの商品を探す中で、相談サービスに出会った

昨今の日本はグローバル化が進み、
それに伴って企業に従事している人も
海外赴任を余儀なくされている方もいらっしゃるでしょう。
実際に私がそのひとりでした。

 

 

健康に留意していても、病気にかかることもあります。
病院の窓口で支払う自己負担金なども、
海外では日本と違うはずです。
見知らぬ土地で、思わぬ怪我や病気をした場合の
治療費・入院費だけでなく、
家族が駆けつける費用などの保証があれば、
不安なく暮らしていくことができますよね。

 

 

海外赴任向けの商品を販売している保険会社は多くあります。
しかし、どのような保険に加入すればいいのか、掛け金はいくらか、
保証の範囲など、よく解らないことばかりです。

 

 

特に家族と一緒に赴任する場合は、
赴任地の住宅での、火災・盗難などによって損害を受けたときや、
失火により借家や家主の家具に損害を与えたりした場合の
賠償金をカバーするタイプの保険が必要です。

 

 

そこで、まずネットを開き、
実際に海外赴任をした方の体験談は参考にしようとしました。

 

 

多くの体験談の中には、保険選びで後悔しないため、
相談サービスを利用したという記事が目につきました。
そこで、私もこのサービスを利用してみることにしました。

 

 

メールで相談サービスを予約し、
フィナンシャルプランナーと会って相談することができました。

 

 

さすが専門家です。
とてもわかりやすく説明を受けることができ、
最適な契約をすることができました。
これで、安心して海外生活をすることができます。

 

>>保険の専門家に無料で相談する2つの方法

 

 

>>保険相談サービス利用体験談 | 子供の就学


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 保険見直しの見積もりと相談方法 代理店型・ネット型の違い