保険見直し体験談 | 子供の就学

保険見直し体験談 | 子供の就学

学資保険の詳細が知りたくて、無料の相談サービスを利用した体験談

子供の就学のためのお金には、
多くの家庭で莫大な費用がかけられています。

 

 

例えば、
子供の教育費についての文部科学省の調査結果をみてみると、
幼稚園から高校まですべて公立なら、およそ500万円。
幼稚園から高校まですべて私立なら、およそ1700万円。
こんな風に言われています。

 

 

家庭の味方である「学資保険」という、
子供の教育費を準備するための保険があります。

 

 

我が家でも、この学資保険の詳細が知りたくて、
無料の相談サービスを利用してみることにしました。
すると、さすがは専門家。
いろいろなことがわかりました。

 

 

学資保険には、色々なサービスがあるので、
どれを選ぶかでもらえる金額やタイミングが変わってきます。

 

 

子供の就学に、最もお金がかかる時期というのは、
子供がまだ小さいうちです。
これに比べると、大学生にまで上がれば、
あとは卒業、独立となるので、
以前よりもお金はかからなくなってきます。

 

 

保険料を払い込みして、満期になれば、
払い込み料金よりも多く学資金をもらえるタイプならば、
貯金のような感覚で使うことができます。
しかも、貯金とは違って保険なので、
契約者に万が一のことがあったら、
以後の払い込みが免除されます。

 

 

子供が0歳のうちに入ることで安くできるなど、
親ではなく、子供の年齢によって、
払い込み金額が変わってくるのも特徴です。

 

 

受け取るタイミングも選ぶことができて、
例えば、大学進学の時にまとめて受け取るなど、
ニーズによって使い分けやすいというメリットもあります。

 

 

相談サービスを利用したことで、
これらを分かりやすく説明していただき、
最適な商品のアドバイスをもらうことができました。
感謝しています。

就学と同時に子供の保険を検討した体験談

子供の就学は、
小さかった子供がやっと社会への第一歩を踏み出して
親の手を少し離れる時期にあたります。

 

 

行動範囲が広がり、
親の目が届かない場所での活動が増えますので、
就学と同時に検討したいのが子供の保険です。

 

 

子供は、医療補助制度がある自治体も多く、
医療費がや入院費が無料になるので、
こうした他の保障は必要ないと考える方もいますよね。

 

 

しかし、月々の掛金が低く、
万が一の怪我のでの通院の際には、給付金が出るなど
手厚い保障をもつ商品が豊富にあります。

 

 

こうした子供の就学にまつわる保障はいろいろありますが、
自分で正しく選択し、契約するのはとても難しいです。

 

 

そこで、無料の相談サービスというものを
利用してみることにしました。

 

 

兄弟の有無の家族構成や、共働きかどうかで、
最適な子供保険のプランのいくつかを
提案してもらうことができたので、
安心して加入できました。

 

 

また、子供の就学後、大学卒業まで
約16年間は最も教育費がかかる年代でもあります。
そこで、子供だけではなく、親の方の保険も
見直しすることをアドバイスされました。

 

 

万が一の死亡保障を充実させ、
若いうちに医療保険などにも加入しておくと、
充実した保障とお得な保険料を
両立させることができることも知りました。

 

 

無料窓口での相談サービスを利用することができて、
とても良かったです。
今後も利用していこうと思います。

 

>>保険のプロ(FP)に無料で相談できるサービス

 

 

>>保険相談サービス利用体験談 | 住宅ローンを組んだ時


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 保険見直しの注意点 保険見直し相談体験談 保険マンモスの評判・口コミ