保険を見直しする必要性はあるのか?

保険を見直しする必要性はあるのか?

保険の見直しは、なぜ必要なのか?その重要性

何年も前の保険を使い続けていると、
損をしてしまう事もあります。

 

 

確かに保険に入っているという安心感はあり、
精神的には安定させる効果は得られるかもしれません。
しかし、実はその保険の期間が過ぎていたとか、
今の自分には必要ない保険になっている、という可能性もあります。

 

 

人にはライフステージごとに適切な保険がある。

 

例えば、社会人になりたての時であれば、

 

まだ家族を養うなどの必要がないので、
とりあえず自分の保険だけで済みます。
安心のために医療保険に加入しておけば足りるくらいでしょう。

 

しかし、結婚して家族を養うようになってくると、

 

今度は家族に自分に何かあった時のための
緊急時のお金の用意の必要性が出てきます。
これはいわゆる生命保険で賄われるお金です。

 

 

生命保険にも種類があるので、
費用や期間など、自分の生活にあった商品を選ぶ必要があります。
もし仮に、社会人になりたての頃と
家族を養う身になってからの保険の内容を見直していなかったとしたら、
万が一の時に賄われるお金が受け取れない可能性が出てきます。

 

そして、見直しには年齢も関係してきます。

 

年齢を重ねるごとに、
医療にかけておいたほうが良い保険金は上がります。
若い頃は、比較的安い商品で
少しの保障をつけておけば足りますが、
30代半ばあたりになってくれば、
生活習慣病やがんなどの病気のリスクが高くなってくるからです。

 

 

特に、家族ががん家系だという人については、
がんに対する保障をしっかりつけておいたほうが良いです。
近年ではがんにかかる人は増えています。
それに対して、医療を受けようと思えば、
何百万円もの金額がかかります。

 

 

がんにかかってからでは、
保険会社は簡単には加入を許可してくれません。

 

 

これは払う金額が大きくなるからという、
相手側のリスクが大きいためです。
保険のお金は、国民全体から集められたお金を、
困っている人の元に届ける仕組みになっているので、
無駄にできないお金なのです。

 

 

さらに、ライフステージが進めば、
家族を抱えている人では子供が進学したり、
独立する、というイベントもあります。

 

こどもの進学には、大きな費用がかかるのが普通です。

 

特に、子供が私立の学校や幼稚園を選択するのであれば、
国立や国公立よりも何倍もお金がかかります。
また、子供の人数が増えれば、
その人数に応じて費用を準備する必要があります。
この時に加入したままの状態でいる人も多いですが、
それでは今度は、
子供が独立した後に損をしてしまうこともあります。
子供のためにかけた保険に入っていても、
独立すれば自分の扶養の範囲外にいくわけですから、
それは必要なくなります。
必要ないものにお金をかけているのは、無駄にしかなりません。

 

 

よく、入っていれば何となく安心だからという理由で
同じ商品に加入したまま、長い年月を過ごす人もいますが、
それよりもかえって別なもっと良い商品を見つけたほうが、
自分のためになる可能性が高いです。

 

 

無駄なところに費用をかけていても、
何かあった時にそれが適用されない商品であれば、
ただの無駄にしかなりません。

 

高齢者になってからは、

 

さらに、収入が年金以外なくなる可能性も高いので、
それに備えて安い商品に切り替えておくというのも大切です。

 

 

高齢者向けには、民間の商品を使わなくても、
公的な保険で十分な保障が得られる場合もあるからです。
年をとったら民間よりも、公的な制度を利用するようにして、
どうしても足りない保障だけを、
民間の商品で補うようにするのが賢いやり方でしょう。

 

 

制度について詳しく知っていれば、
無駄なお金をかけずに長生きできる可能性も高くなります。
しっかりと老後も見据えて選ぶことが大切です。

 

 

スポンサードリンク

見直しタイミングはこんな時

それぞれの重要なライフステージに、
保険の見直しを行った方たちの体験談をご紹介します。

 

 

 

これらは、すべて、
人生の転機ともいえる重要なタイミングにあたります。
重要な時期だからこそ、その時期・状況に最適な契約を
しっかりとしていく必要があります。

 

 

しかし、保険商品の種類は、びっくりするほど数多くあります。
医療、火災、学資、地震、
海外旅行、ペット、個人年金等々。
そんな保険もあったんだ!なんて思うようなものも
たくさん存在します。

 

 

ですから、素人だけで調べ、選ぶには、とても難しいのが現実です。
例え一生懸命研究して、比較して、選んだとしても、
本当にベストな選択だったのか不安が残りますよね。

 

 

そんな保険の見直しに、とても便利なのが、
ネットから予約ができる、ファイナンシャルプランナー(FP)無料相談」
そして、お近くの保険ショップでの保険相談です。

 

 

>>保険の専門家に無料で相談する2つの方法

 

 

保険のプロフェッショナル、ファイナンシャルプランナー(FP)に、
無料で納得がいくまで相談にのってもらうことができます。

 

 

ファイナンシャルプランナーの相談するメリットは、
深い専門的な知識を持っている保険のプロの話が聞けること。

 

 

そして、たくさんの種類の保険を比較できることです。

 

 

管理人として、こちらの方が重要だと思います。

 

 

保険会社のカモにされている

 

 

あまり上品ではありませんが、これはよくあることです。

 

 

すぐに保険商品を購入しなければならない、
と肩に力を入れないで、
自分と家族の保険の見直しをする、
ベストなタイミングはいつなのか、
今必要な補償はきちんと契約できているか、
必要のない補償を契約していないか、
それらの点を確認するつもりで、
ファイナンシャルプランナーに相談してみてはいかがでしょうか?

 

保険は、年齢や家族構成、ライフスタイルに合わせて保障を選ぶ

 

独身世代の生命保険は?

 

 

独身のうちは医療保障を充実させておくといいでしょう。

 

病気にかかったりケガをした時には、
医療機関で治療を受けることになります。
入院したり手術を受けた場合は、
医療費を支払わなければなりません。
公的な医療保険は使えますが、自己負担額が発生するため、
入院期間が長引くと、
かなりの医療費を請求されてしまうことになります。
医療保障を充実させておけば自己負担額を支払っても、
保険金を充てることができるので安心です。

 

「結婚」は最初の見直しタイミング

 

 

結婚すると保険金の受取人は、パートナーになることが一般的です。

 

この”結婚”のタイミングで保障内容を全面的に見直ししましょう。

 

子供が生まれたら、
手厚い保障を付けておかないと安心できませんね。
残された家族が生活に困らないように、
子供が成長するまでは保障額を多めにしておき、
成人すると同時に保障を下げる方も多いです。
保険料が家計を圧迫しないよう注意も必要です。

 

 

子供が独立したら、家族のためだった保険を、
自分たちのための保険へと切り替えるタイミングです。
高額な死亡保障は解約するという選択も。
そして、終身の医療保険への切り替えも視野に入れましょう。

 

女性特有の病気をカバーする医療保険

 

 

医療保障を充実させているものの中には、
女性だけが加入できる女性向けの医療保険もあります。
女性特有の疾病に対して保障する内容になっているので、
年齢に応じて加入を検討するということもあります。

 

女性特有疾病例

  • 子宮がん
  • 卵巣がん
  • 乳がん
  • 乳腺症
  • 子宮内膜症
  • 子宮筋腫
  • 帝王切開
  • 流産
  • 卵巣の機能障害
  • 卵巣のう腫など

 

これらの疾病は、20代・30代からリスクが高まると言われており、

 

特に乳がんは、20代後半からリスクが高まり、
かつ近年増加傾向にあります。
年齢が上がると病気を発病するリスクも上がりますが、
遺伝や体質によって検討する必要もあります。。

 

自動車を運転する方

 

 

自動車を運転する方が加入する
自動車保険も定期的に見直しすることをおすすめします。

 

1年ごとの更新が一般的なため、

 

更新のタイミングで補償内容や料金面を見直しましょう。

 

 

自動車保険の補償は大きく分けて、

 

  • 相手方への補償、
  • 自分への補償、
  • 車の補償

 

に分けることができます。
相手方への補償を削ってしまうといざという時に困ってしまうので、
この部分に関してはしっかり付帯させておきましょう。

 

 

対人賠償と対物賠償は、
保障金額を設定せずに無制限でかけておきましょう。

 

 

対物賠償への考え方は人それぞれですが、
万一大きな事故を起こしてしまうと、
一億円以上の損害に繋がる可能性がないとは言えません。
これだけの損害賠償額を背負うことになってしまうと、
一生をかけても払うことは困難でしょう。

 

 

自分への補償では、人身傷害や搭乗者傷害で担保します。
この二つの補償は見分けが付きにくい部分がありますが、
人身傷害の方は実際に発生した損害額を受け取ることができます。
過失の割合を問われないため、
自分の方が過失が大きい場合でも補償されます。
一方の搭乗者傷害では、
あらかじめ決めておいた補償額が支払われるという点で
大きく違ってきます。

 

 

どちらも補償額が選べるタイプが多いので、
必要に応じて金額を設定しましょう。

 

 

車両に対して補償をつけると、
支払う料金が一気に高くなります。
車両保険と言われるものですね。
新車で購入した場合は、補償をつけておくと安心できますが、
古い車の場合は補償をつけない方も多いです。

 

 

補償内容を変更すれば、
支払う料金が変わってきても当然ですが、
補償内容はそのままでも、
損保会社を変えるだけで料金に大きな差が出ることもあります。

 

 

料金を比較したい時は、
インターネットの一括見積もりサービスを利用すると便利です。
見積もりに必要な情報を一度入力するだけで、
複数の会社から見積もり額が提示されます。
その中から最も料金が安くてお得な商品を見つけ、
乗り換えるようにしましょう。

 

 

自動車保険の場合は、等級によって割引率が決まってきますが、
会社を乗り換えても等級はそのまま引き継がれるので
心配することはありません。
じっくり検討するためにも、
契約期間が満期になる数ヶ月前から検討を始めましょう。

 

 

>>最適な自動車保険を選ぶ方法 | 私の体験談

 

 

 

>>保険の見直しの注意点

 

 

>>医療保険・生命保険の選び方 | トップページ


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 保険見直しの見積もりと相談方法 代理店型・ネット型の違い