保険見直し体験談 | 共働き

保険見直し体験談 | 共働き

共働きのため、家や会社近くに訪問してもらった相談体験談

共働きで働いていると、
なかなか保険の相談等にいけませんよね。

 

 

保険は、家の次に高価な買い物だと言われています。
一人当たりが死ぬまでに払い込む料金は、
保険の内容にもよりますが、
10000万以上になる方もいらっしゃるかと思います。

 

 

今日は、私が相談サービス利用したときの
体験談についてお話します。

 

 

保険は、対面販売と言われていて、
本人が契約に出向かないと契約できないのが特徴です。
先ほどもお話しましたように、
高価な買い物ですので、
それなりにちゃんとした手続きが必要というわけですね。

 

 

私は共働きもしている上に、小さい子供もいたので、
なかなか保険会社や窓口に行く事が困難だったのですが、
最近では訪問してくれる会社もあるのです。

 

 

事前の予約が必要ですが、
何回でも納得するまで、この相談サービス利用ができます。

 

 

まず、ある程度夫婦で話あって、
保険の傾向やある程度の予算を決めておきます。
最初に私が話をきき、
(だいたい1時間?2時間くらいで終わりました)
資料をもらっておきます。
その資料をもとに、夫婦で話合い、
足りないところや分からない事はメールで相談ができます。
内容を変えたい場合は、
また連絡をすれば新しい資料をもって説明にきてくれます。

 

 

一緒の時間を作る事が難しい私たちは、別々で契約をしました。
というのは、私の都合のいいときにきてもらい私が契約。
次に主人ですが、
主人は、なかなか休みもなく、家にいる時間がほとんどないので、
相談相手のファイナンシャルプランナーの方に、
会社の近くまできてもらい、
昼休みの時間を使って契約をすませました。

 

 

おかげさまで、
5回ほどの相談で納得のできる契約ができました。
家に訪問してくれるだけでなく、
場所を指定すればどこにでもきてくれるありがたいサービスでした。

夫婦二人の契約内容を洗い出し、取捨選択することができた体験談

今までは、通販の保険を自分で比較してみたり、
人から紹介された保険屋さんにお任せしていたりしたのですが、
一度は、ちゃんとファイナンシャルプランナーの方に、
家計と保険の診断をしてもらおうということになって、
保険の相談サービス利用をしてみました。

 

 

我が家は、共働き家庭ということで、その相談体験談です。

 

 

まずは、夫婦が今まで入っている契約のわかるものを、
全部持参してみました。
もっていかなくても別に構わないのですが、
ベターなのは、全ての収支がわかるものを用意することです。
今加入している内容が判る保険証券があれば、
それで家庭別に足りないところ、
過度なところも教えてもらえるので、
全部もっていくのがおすすめです。

 

 

現在入っている内容を洗い出して丁寧に教えて貰い、
自分達がそんなに大きな保障に入っていたのだ、と
知ることが出来ました。
それから自分達が求めている保証内容の検証と、
ファイナンシャルプランナーのおすすめ保障をききます。

 

 

相談サービス利用をする時は、
予め約束をいれるようにしてください。
そうすることで、相談相手の時間も確保出来ますし、
必要なものも判ります。

 

 

全部の洗い出しをしたら取捨選択です。
自分で選ぶのでストレスもなく、
必要で最低限のものが準備でき、満足しています。

 

>>保険の専門家に無料で相談する2つの方法

 

 

>>保険相談サービス利用体験談 | 独身


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 保険見直しの見積もりと相談方法 代理店型・ネット型の違い