年収300〜500万円以内世帯の保険の選び方・見直し方法

年収300〜500万円以内世帯の保険の選び方・見直し方法

掛け捨てをやめ、貯蓄性の高いものにすることにした体験談

独身の時はあまりお金もなかったので、
掛け捨ての安い保険に加入していました。

 

 

結婚を機に保険を見直し、掛け捨てをやめ、
貯蓄性の高いものにすることにしたのです。

 

 

私も妻もあまり保険のことは詳しくなかったので、
思い切って
プロのアドバイザーさんに相談することにしました。

 

 

我が家の世帯年収は、300〜500万円です。
もちろん妻のパート代も込みの金額です。
世帯年収はあまり多くはないので、
なるべく掛け金の少ないものを選びたいと、
アドバイザーさんには伝えました。

 

 

するとアドバイザーさんは、
目先の金額を1000円下げることよりも、
貯蓄性や保障内容の充実にも
目を向けなくてはならないということを教えてくださいました。

 

 

いくら安くても、
困った時に十分な保障が受けられないのであれば
全く意味がありません。
そういった見方での選び方をレクチャーしてもらいました。

 

 

今回見直ししたことによって、
わずかですが保険料は上がってしまいました。
しかし今回のものは掛け捨てではなく、
貯蓄性の高いものです。
貯金だと割り切って加入しました。

 

 

こういう選び方があるなんて
今回相談させていただくまでは全く知りませんでした。
とてもためになるアドバイスを聞くことができて良かったです。

 

 

スポンサードリンク

年収300〜500万円以内世帯、見直しの目的は、掛け金を安くすること。

我が家の世帯年収は300〜500万円で、
世間一般から見るとかなり低めです。

 

 

それでも人並みに保険にも加入していましたが、
子供が生まれたので、
それを機に保険を見直しすることにしました。

 

 

見直しの目的は、掛け金を安くすることです。
子供が産まれたので、
保障もある程度増やさなくてはならないのは分かっていますが、
今の生活が苦しくて、
少しでも安くしたいと考えるようになりました。

 

 

子どもが小さいうちは、妻も働くことはできませんし、
少しでも節約できればと考えて、
プロのアドバイザーさんに相談することにしたのです。

 

 

世帯年収や家族構成を伝え、
なるべく保障を下げないで、
安い保険はないか探してもらいました。

 

 

かなり無理なことをお願いしているのは分かっていましたが、
生活をしていくのも苦しい状況なので、仕方がありません。

 

 

アドバイザーさんは選び方をアドバイスしてくれ、
的確な保険を探してくれました。

 

 

もちろん子供の保障も入っています。

 

 

妻が復職したのちは、また見直しをしなくてはなりませんが、
当面はこのままで行きたいと思っています。

 

 

アドバイザーさんには、
良いアドバイスをいただき本当に感謝しています。
我が家なりの選び方ができた気がします。ありがとうございました。

 

>>保険の専門家に無料で相談する2つの方法

 

 

>>年収500〜700万円以内世帯の保険の選び方・見直し方法

 

 

スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 保険見直しの見積もりと相談方法 代理店型・ネット型の違い