年収500〜700万円以内世帯の保険の選び方・見直し方法

年収500〜700万円以内世帯の保険の選び方・見直し方法

将来、妻に負担をかけなくて済むような保険を探した体験談

我が家は共働きで、まだ子供はいません。
ゆくゆくは子供も欲しいと思っているのですが、
まだ自分たち二人の時間を大切にしたいと思っています。

 

 

保険についても、それぞれが独身の時に加入したもので、
今の生活には合っていないかもしれません。

 

 

そこで、保険アドバイザーに見直しの相談をすることにしたのです。

 

 

世帯年収は500〜700万円ですが、
将来的に、妻が子供を出産するとなると、
その際には会社を辞めることになると思います。

 

 

働くとしても今のような正社員ではなくて、
パート勤務を希望しています。

 

 

そういったことを踏まえて選び方を教えていただきました。

 

 

世帯年収が、500〜700万円あると言っても、
妻の分の年収は充てにできないということなので、
私の年収だけで保険選びをしました。

 

 

そして、将来的に万が一のことがあった時、
妻に負担をかけなくて済むような保険選びを
アドバイスしてもらいました。

 

 

子どもに関してはまだ生まれてもいませんし、
何人産むことになるかもわからないので、
その時に応じて対応した方がいいとアドバイスしていただきました。

 

 

うまく見直しができたと思います。
やはりプロに相談して良かったです。
将来に対する不安も少なくなったので良かったです。

 

 

スポンサードリンク

少し保険料を減らすことで、お小遣いを増やした体験談

世帯年収500〜700万円の中流家庭のサラリーマンです。

 

 

年収的にいえば、普通だということは自覚をしていますが、
2世帯同居していて、
親の面倒も見ているので決して生活は楽ではありません。

 

 

妻も一緒になって働いてくれているとはいえ、
子供も大学に行かせている身としては、
毎日の生活でもいっぱいいっぱいです。

 

 

小遣いも毎月3000円という、
小学生なみのお小遣いでも必死になりながら働いていますが、
これでは仕事に対するモチベーションも上がらないのです。

 

 

家族のために働くのは大黒柱としては当たり前でも、
もう少し保険料を減らすことで、
お小遣いに回そうという考えになるのも自然な流れでした。

 

 

見直しにあたっては、家族全員で家族会議をして、
今より多少保障は落ちますが、
金額は大分安くなるものがあったので、
そちらに乗り換えることにしたのです。

 

 

それにより、お小遣いの金額も
1万円にアップしたので私としては満足です。

 

 

本音でいえば、もう少しほしいところですが、
あまり選び方についても知識もないので、
情報収集能力の限界を感じて決めてしまったんです。

 

 

それでも今までより削れるところがあった、というだけでも
大違いですね。

 

 

見直しの提案は勇気がいりましたが、
受け入れてもらえて本当によかったです。

 

>>保険のプロ(FP)に無料で相談できるサービス

 

 

>>年収700〜1000万円以内世帯の保険の選び方・見直し方法

 

 

スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 保険見直しの注意点 保険見直し相談体験談 保険マンモスの評判・口コミ