生命保険の種類と解説

生命保険の種類と解説

「払込み方法別」「機能別」に分類される生命保険

生命保険は、大きく、払込み方法別・機能別に分けることができます。
下記の通りです。

 

 

払込み方法別

  • 「掛捨て型」
  • 「貯蓄型」

 

掛捨て型

 

満期になっても保険金が返ってきません。
途中解約で返戻金もない代わりに金額が安く設定されています。
しかし、若いうちは安いけれども、
更新するたびに金額が上がっていくことがほとんどです。

貯蓄型

 

満期に保険金が受け取れ、途中解約でも返戻金がありますが、
払込み金額が高めに設定されています。

 

 

 

機能別

  • 「死亡保障」
  • 「医療保障」
  • 「老後・貯蓄保障」

 

死亡保障

 

被保険者が万一の場合に備える保障機能です。

 

死亡保険のうち保険期間が一定期間に限定されていて、
契約者が死亡した時のみ死亡保険金が支払われる「定期保険」、
被保険者の生涯を通して保険期間とみなし、
死亡した時点で死亡保険金が給付される「終身保険」、
終身保険に定期保険を特約として付加した「定期付終身保険」、
運用実績に応じて保険金額が変額し、
場合によっては保険料も変額する生命保険をさす「変額保険」、
健康状態にかかわらず、
持病があっても入れる終身保険「無選択終身保険」があります。

 

死亡保障は、被保険者が経済的責任の重い立場で、
一定の期間中(子どもが成人するまでの期間など)に
被保険者に万一のことがあった場合に
必要になる金額が大きいと想定される方に向いています。

医療保障

 

いつでも、どこでも必要かつ十分な医療が受けられるよう保障する機能です。

 

入院したり、所定の手術をした場合に給付金を受け取ることができる「医療保険」、
がんにより入院したり、所定の手術を受けた時に給付金が給付される「がん保険」、
被保険者が万一の事故によってケガをして入院したり通院したり、
死亡、後遺障害、または生活機能もしくは、業務能力に支障を生じた場合に
保険金が給付される「傷害保険」、
病気やケガによる入院などで仕事ができなくなった場合の
収入の減少に備えるための保険「所得補償保険」 があります。

 

いつかはわからないものの発生した場合には、
まとまった金額が必要であろう費用を確保するための保障です。
がんや生活習慣病など先端高額医療に特定したものもあります。

 

老後・貯蓄保障

 

老後の生活資金や子供の教育資金などの中長期的な貯蓄機能のある保障です。

 

被保険者が、保険期間内に死亡したときにも、満期まで生存したときにも、
同じ額の保険金が支払われる、生存保険と死亡保険の結合した「養老保険」、
払込まれる保険料を年金原資として積立てて、
その後あらかじめ定められた年齢から毎年、
所定の年金を支払う仕組みの保険型年金を個人で契約した「個人年金保険」、
積立てた保険料を投資商品で運用し、その運用成果により、
契約者が受け取る年金や保険金、解約返戻金の額が変動する「変額個人年金保険」、
子供の教育資金を確保するための保険で、
高校卒業の18歳を目安に満期時期が設定されており、
満期以前に保険金支払者が万一の場合、
その後の支払いが免除されて満期金額を受け取れる
「貯蓄」と「保障」を兼ね備えた「学資保険」があります。

 

「保障」と「貯蓄」を兼ね備えた保険は、
保険金額・保険期間が同一の掛捨ての保険と比べると保険料が高くなります。
払込み予定金額と満期の保険金を比べて、元本割れが起きるケースがあります。

 

 

保険会社ごとに、種類がいろいろあるように見えますが、
発売されているほとんどの生命保険は、
上記機能の組み合せ、または単独のものです。

 

 

契約形態には、保険加入の基礎となる
「主契約」とその主契約に付加して購入できる「特約」があり、
「主契約」は単独で契約ができますが、
「特約」はそれのみの単独契約はできません。

 

 

保険金額・保険期間が同一でも、
特約として主契約に付加した方が割安になる場合があります。

 

 

スポンサードリンク

「定期保険」「養老保険」「終身保険」に分類される生命保険

生命保険には、いろいろな種類があります。
会社によっていろいろなタイプの保険があるため、
一見複雑そうに見えるかもしれませんが、
実は大きく分けると3タイプに分類されます。

 

 

「定期保険」
「養老保険」
「終身保険」

 

 

このの3タイプです。
どの保険もこのどれかに分類されるのです。

 

 

「定期保険」

 

「定期保険」とは、
保証が一定の期間内のみで有効になっているものを言います。

 

 

基本的には、掛け捨てという形で、
払った金額が還付という形で戻ってくることはありません。
しかし、その分保険料がかなり安く設定されています。

 

 

この保険は、安い保険料でより大きな保障の確保ができるため、
責任が重く、万一の場合、必要なお金が大きい方、
保障を必要とする期間が決まっている方の、
資産の確保に適しています。

 

 

一家の大黒柱として、子供が大きくなるまでは必要、
という方などは入っていた方がいい保険です。

 

 

「養老保険」

 

この養老保険とは、
「保障」と「貯蓄」の両方の機能を兼ね備えた保険になっています。

 

 

保険期間は一定で、
保険期間中に死亡した場合は死亡保険金が支払われ、
一定の期間がたった時、つまり、満期になった時には、
死亡保険金と同額の満期保険金が支払われます。

 

 

また、この保険は定期保険とは異なり、
途中で解約しても解約返戻金がでます。
しかしこれは、ある一定の期間をすぎないと
保険の掛け金よりも下回ってしまうため、
途中で解約をしてしまうことは、基本的にはおすすめできません。

 

 

養老保険は、掛け金が高めであるため、
契約する前に、本当にその掛け金を毎年払うことができるかを
よく考える必要があります

 

 

。この保険は、生命保険も掛けたいけど、
将来のために貯蓄をしたいという人に向いています。

 

 

「終身保険」

 

終身保険は、
その名前の通り保障が一生涯続きます。

 

 

何歳で亡くなっても保険金の支払いはあります。
ある程度手元にお金もあり、
将来保障が必要で亡くなった時には、
解約しその返戻金などを老後資金に充てたり、
死亡後の相続税対策や、
葬儀の費用などのための費用に充てることもできます。

 

 

以上のようにこの保険は、保障が一生涯続くために
一生涯のうちに必ず発生する費用を確保するための
目的に適しています。

 

 

それぞれの生命保険には、いろいろな特徴がありますが、
それぞれ目的が違うことがわかります。

 

 

おすすめは、「定期保険」

 

働き盛りで、まだ子供も小さく、
これからどんどんお金が必要になってくるという
一家の大黒柱のような方には、
「定期保険」がやはりおすすめです。

 

 

この保険は、必要ならば途中で解約し、
他の保険へもうつり易いという特徴もあります。

 

 

「学資保険」のように使う「養老保険」

 

「養老保険」は、
現在「学資保険」のように使っている方も多いです。

 

 

将来子供が大きくなったら、
高校・大学入学費用などで高いお金が必要になってきます。
そのような将来を見据えて、
子供が小さいうちに、
一定期間以上たつと掛け金よりも多くの金額が返ってく
るこの保険を掛ける方が多いです。

 

 

途中で解約するとどうしても掛け金よりも減ってしまいますが、
最初からその一定期間を、
子供の入学などから逆算して掛けていくと目標ができますので、
途中で解約するという事も減ると思います。

 

 

また、1つ注意点は、
この保険料は戻ってくる分結構高額になりますので、
ちゃんと払っていける金額を設定しなくてはなりません。
払い始めたときは大丈夫と思っていても、
将来家を建てたり、子供ができると保育園料など、
予想以上にお金はかかってきます。
そういう事も考えて設定することが重要です。

 

 

さらに細分化される「終身保険」

 

「終身保険」は基本的には上で述べたようなものですが、
実はその中でもいろいろな種類があります。

 

 

一定期間の払い込みが終了すれば、
その後は払わなくても、一生涯保障が続くタイプや、
保険料はずっと払わなくてはいけないもの、
無選択終身保険という、入ってから数年間は死亡保障のないものなど、
数多くあります。

 

 

それも目的によってどれを選択するかは異なってきます。
じっくり自分の条件に当てはまるものは何かを考えて、
保険は選ぶことが大切です。

 

>>保険の見直しをするベストなタイミングとは?

 

 

>>損害保険の種類


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 保険見直しの注意点 保険見直し相談体験談 保険マンモスの評判・口コミ