20代に生命保険・医療保険は必要?

20代に必要な生命保険・医療保険

20代に生命保険・医療保険は必要?

ひとくちに20代といっても、
独身か、結婚しているか、結婚しているとして配偶者だけか、
配偶者は働いているか、子どもはいるかによって、
生命保険が必要か、医療保険が必要かが異なってきます。

 

 

20代という人生においてもまだ若い世代では、
保険見直し以前に、
保険の必要性についても深い理解がないケースは多いです。

 

 

親が子供のためにと、
小さな頃に加入してくれているケースもありますし、
社会人になって何となく加入したという人もいます。

 

 

二十歳になったからとか、
社会人になったからという理由で加入した場合、
勧められるままに契約をしているパターンが多くなります。

 

 

まず、独身であれば、
生命保険もの死亡保障は不要といってもいいでしょう。
なぜなら、もし、不幸にして亡くなったとしても、
残された親の生活費を子どもの生命保険でカバーすることは
考えにくいからです。
医療保険については、
万が一のときは、健康保険の「高額療養費制度」を利用することで、
治療費用の負担をかなり減らすことが可能です。
医療保険は、保険診療外の費用
(先進医療など健保対象外の医療費や、差額ベッド・
入院関連費用)に備えるものと言っても良いかもしれません。
それをふまえ、必要最低限の医療保険には、
はいっておくことをおすすめします。

 

 

では、配偶者がいて、子供がおらず、
かつ、その配偶者が働いている場合はどうでしょうか。
配偶者の収入によるでしょう。
配偶者が自身以上の収入がある場合は、
生命保険の死亡保障を削ってもよいかもしれません。
なぜなら、自分が死んでも、
配偶者は自分の収入で生活費を稼げるからです。
ただし、お金はありすぎて困るということはありませんので、
経済的に余裕があるのであれば、
かけておいてもよいかもしれませんね。

 

 

次に配偶者がいるが、子どもがおらず、かつ、
その配偶者が働いていない場合です。
この場合は、自分が死んだ後の
配偶者の生活費をどうするかを考える必要があるので、
生命保険は必要になるかもしれません。

 

 

働いている配偶者がいて、子どもがいる場合はどうでしょうか。
この場合、残された家族の生活費を考えなければなりません。
また、病気やけがで収入がなくなったときは、
健康保険の高額療養費によるカバーだけでは
、心もとない場合があります。
この場合は、生命保険の死亡保障、医療保険ともに、
ある程度の補償のあるものに入っておくことをおすすめします。

 

 

そして、配偶者が働いておらず、かつ、子どもがいる場合は、
一層、いずれの保険についても
加入を考えなければならないでしょう。
ただ、保険に入るとしても、
周囲の人の評判を参考にすることは、やめましょう。
保険会社からのおすすめに安易に乗ることも論外です。
自分にとって、どんな保障が必要なのか、それを冷静に、
かつ、最小の費用でカバーするかを考えなければならないからです。

 

 

契約の注意点としては、仮に契約するにしても、
どのような場合に保険金がもらえるか、
特に自分が保険給付が必要だと考える場合にもらえるかどうかを
しっかり確認することが大切です。

 

 

スポンサードリンク

20代の生命保険・医療保険の選び方・選んだ理由体験談

投稿いただいた体験談です。

 

大学を卒業して就職し、
ガムシャラに仕事をしていた20代前半。
友人からこう聞かれました。『お前、保険入ってるの?』

 

 

自動車の任意保険には加入していましたが、
自分自身にかける『保険』というのは、
まったく考えていませんでした。

 

 

それでも、最初に入った保険は、
会社で強制的に入らされたがん保険でした。

 

 

強制だったので、内容も把握しないままに契約。
月々の保険料の支払いも給料から天引きされていて、
よく理解しないままに加入し続けていました。

 

 

時が進み20代後半。
結婚をきっかけに仕事を変え、
何の気なしにそれまで入っていたがん保険の
契約書を見直してみた時でした。

 

 

『え?俺、がんにならない限り保険おりないのか・・・。
しかも、仮にがんで死んでも保険料はたったこれだけ…』

 

 

急に不安を感じ、
職場に出入りしている保険屋さんにすぐ電話し、
保険の見直しをして、新たに保険を考えたいので、
すぐに来てほしいという依頼をしました。

 

 

若い頃は保険とか、そういうものにまったく関心がなく、
独身だと余計に考えることはありませんでしたが、
世帯を持つと万が一の事を考えるようになるもので。

 

 

しかし、それまでの保険があまりにも頼りなく、
素人の私が見ても、
網羅してくれる範囲が狭いうえに、
保険料も安い事に危機感を覚え、
妻と相談して新たな保険加入を検討したのが、
今加入している保険の選んだ理由でした。

 

 

結論から言うと、生命保険二口。
掛け捨て型と継続型。
それに、医療保険も付け加えて、
高度医療の治療を受けてもお金が下りるような保険にして、
将来、子供ができても
とりあえず大丈夫な状態にしてもらいました。

 

 

支払う保険料の金額だけみれば、決して安くはありません。
むしろ高いと感じますが、

 

『残された私たちの事を考えると、
万が一の時の保険料がある程度ないと不安だから』

 

と、妻の希望もあり、年払いで支払って、
月払いよりもほんの少し安い状態で契約を継続しています。

 

 

選び方としては、自分の今後を考え、
そして、万が一のことが起きた時に、
家族が路頭に迷わないように…という意見を出せば、
年齢や健康状態から
保険屋さんが概算の見積りを出してくれるはずです。

 

 

そのプランにあとから肉付けしたり、
足し算引き算をしていけば、
自分はもちろん、
家族も納得のいく保険を契約することができると思います。

 

 

契約後の感想としては、『この保険でよかった』と思っています。

 

 

もちろん、保険を使うようなことのない生活が一番ですが、
家族が不安なく過ごせる一つの要因でもあるような気がします。

 

 

そういった意味では、インターネットよりも、
外交員の方を交えた話し合いで決めた方が、
保険はいいと思います。

 

 

>>保険の専門家に無料で相談する2つの方法

 

 

こちらのサイトでは、
複数の生命保険・医療保険・がん保険の保険料を比較できます。
気に入った商品のパンフレットを
無料で一括請求することもできます。

 

>>【i保険】保険の一括資料請求はこちら


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 保険見直しの見積もりと相談方法 代理店型・ネット型の違い