30代に必要な生命保険・医療保険

30代に必要な生命保険・医療保険

30代に生命保険・医療保険は必要?

生命保険や医療保険をかけることは、
不測の事態の備えとして極めて有効です。
とくに配偶者や子どもがいる場合であれば、なおさらといえます。

 

 

現代は20年前と比べて賃金は大きく下がっており、
事故や病気によって収入が途絶えてしまえば、
文字通り死活問題になってしまいます。
それだけに、死亡時の保険金や、
療養中の医療費の給付というのは、
家族の暮らしを守る上で必要不可欠となるのです。

 

 

しかし、保険加入は、親が子供の頃に加入してくれた人もいれば、
就職をして自分で加入というパターンもあります。
どちらにしろ、それほど真剣には捉えていないことが多いです。

 

 

しかし、こうした保険というものは、
ある程度年齢を経てからという認識が一般的で、
まだ若い30代には不要という考えは、意外と根強いものです。

 

 

しかし、この年代から生命保険や医療保険に入っておくことは、
コストパフォーマンスの上でも、むしろおすすめといえます。

 

 

なぜなら、病気や事故のリスクというものは、
年齢に関わらず存在するものです。

 

 

致死率の高い脳梗塞などは、若年性のものも珍しくありませんし、
がんであれば、肉体が若ければ若いほど、
進行も早くなってしまいます。

 

 

交通事故においても、
車をもっとも頻繁に運転するのは30代からですから、
常に重大事故の危険性が潜んでいるのです。
大きな事故に遭ってしまえば、命を落とすケースの他にも、
脊髄などを痛めて半身不随となることもあり、
決してその可能性を軽視するべきではありません。

 

 

これから働き盛りを迎える年代に、
こうした生涯残るダメージを負ってしまうことは、
今後の人生を大きく左右します。

 

 

同時に、暮らしていく家族の負担も大きくなってしまうのです。
そうした苦しみを軽減するものとして、
各種保険は心強い支えとなります。
この際に下りる保険金などによって、経済的負担が軽くなれば、
それだけ家庭も平穏になり、
事故や病気後の社会復帰もスムーズになるのです。

 

 

男性にとって30代は、
ライフステージにも変化のある時期になります。

 

 

社会に出てがむしゃらに学び続けた20代を通り過ぎて、
会社では部下もできてきますし、
プライベートでも、パートナーとの新しい生活が
スタートする人が多くなってきます。

 

 

愛する奥さんと子供がいる場合、
子供の教育費も考えていく必要が出てきます。
子供を公立の学校に通わせた場合、
大学を卒業するまでのあいだには、
1人の人間に、約1千万円かかるというリサーチがあります。

 

 

日本において公的医療保険システムは充実したものです。
実はある程度の貯蓄があれば、
民間の保険に加入しなくても大丈夫という説もあるほどです。
ですから、リスクを避けるためにも、家族を守るためにも、
金額としても安い掛け捨て医療保険に加入して、
貯金が十分になったらやめるというのも、ひとつの考え方です。

 

 

30歳代にもなると、健康のことも気になり始めます。
働き盛りで自分では元気だと思っていても、
人間ドックなどの検診では、
なにかしらの病気の初期症状が見つかったりもします。

 

 

日本における死亡原因のトップはがんです。
50代や60代の高齢の方だけがかかるとは限りません。
働き盛りで家族もいるときに、何かの病気にかかったら、
働けなくなったり、収入もダウンしていきます。
そういったことも考えると、
見直すには良いタイミングの年代とも言えるでしょう。

 

 

結婚をしたり、子供が出来たりすることで、
守るべきものが出てきます。
ひたすら自分だけのために生きてきた今までとは違い、
家族のことも考えて、備える必要も出てきます。

 

 

女性の場合も、現代では、結婚や出産も
30代以降というのは珍しくはなくなってきました。
シングルで仕事をバリバリこなすキャリアウーマンも、
生き方の一つです。

 

 

若さだけで走り抜けた10代や20代とは異なり、
婦人科系の疾患なども検査を行ったり、
気にかけていく年代に入ってきます。

 

 

そこで保障内容としても、
女性特有の病気に備える保険をチョイスしていくなど、
見直しにより、変更を検討していくことが大切です。

 

 

特に親が加入してくれていたタイプには、
女性特有の病気に備える保険には入っていないこともありますから、
大人になった本人が、検討をしていくことです。

 

 

リサーチによれば、
乳がんは30代から急激に増加というデータも出ています。
不安を煽るわけではなく、
先に備えることの必要性を感じさせるデータとなります。

 

 

そして、30代から生命保険や医療保険に入ることで、
見逃せないメリットが発生します。
それは月額料金の安さです。
こうした保険は、若いうちから入っておくと、
それだけ月額料金が減額されるものが少なくありません。
そのようなプランを選べば、より経済的に、
今後の備えを用意しておくことができます。

 

 

契約の注意点としては、年齢の経過によって、
大幅に月額料金が増えないことを確かめておくべきです。
そうすれば、健康で長生きすればするほど、
お得に保険を利用することができます。
医療保険や生命保険は、
30代こそ率先して加入して、生活の安心を担保していきましょう。

 

 

スポンサードリンク

30代の生命保険・医療保険の選び方・選んだ理由体験談

投稿いただいた体験談です。

 

私は、今から5年程前に生命保険と医療保険に加入しました。

 

 

30代と言う事で、加入する必要ないのではないか、
保険料を払うだけで、
使う事は無いのではないかと最初は思っていたのですが、
子供が生まれて、守るべき家族が出来たので、
加入を決めました。

 

 

とはいっても、やはり、
それ程しっかりと選ぶ必要は無いと最初は思っていたので、
生命保険も医療保険も内容はあまり見ずに、
その保険料だけでどれを選ぶか決めました。

 

 

選んだ理由が、
保険料だけと言う選び方はどうかと最初は思ったのですが、
とりあえず数年間は、そのままで過ごしていました。

 

 

きっと使う事もないので、
とりあえずお守りの様な感じにすら思っていました。

 

 

ただ今から2年程前に、考え方が一気に変わりました。
それは、友人が亡くなったという事です。

 

 

友人は、私の1歳年下だったのですが、
病気の為に亡くなってしまいました。

 

 

それまでの様子を思い返してみると、
学生時代から私よりも体が丈夫で、
元気いっぱい走り回っている様なイメージの人でした。

 

 

その人が会社の健康診断で異常を指摘され、
病院に行って再検査をした所、
大きな病気が発見された、と言うのです。

 

 

勿論生命保険と医療保険に加入していたので
治療費等は保険で賄う事が出来、
さらに亡くなった後のご家族の生活を守る事も出来ています。

 

 

しかし自分はと言うと、そんな事は一切考えておらず、
適当に商品を選んでいました。

 

 

そこで私はもう1回内容を見直して、
より自分に合った物に加入する事にしました。

 

 

そうすればもし私に何かあったとしても、
保険で家族の事をしっかりと守る事が出来る、
将来も守ってあげる事が出来ると考えたからです。

 

 

私は今度は保険料ではなく、内容を見ていました。

 

 

どれ位の補償を受ける事が出来るのか、
さらにその保険の評判、契約後の感想も合わせて調べました。
多分これが本来の選び方なのでしょう。

 

 

そして私は、ある保険会社の商品を選ぶ事にしました。
選んだ理由は、それにすれば
ある程度の事をカバーする事が出来ると思ったからです。

 

 

ただ選ぶのではなく、実際に保険を使う必要が出た時の対応、
スムーズさは口コミを見て調べました。

 

 

また実際にその保険会社の人と話をして、
どういった説明をしてくれるのか、
私の言っている事を理解してくれるかどうかという事も
チェックしました。
そして納得できる所を選んだ、と言うのが私の選び方です。

 

 

今はその時に選んだところにずっと入っていますが、
そろそろ内容を持直して、
より今の状況に合っている物にしたいと考えています。

 

 

>>保険の専門家に無料で相談する2つの方法

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 保険見直しの見積もりと相談方法 代理店型・ネット型の違い