60代に必要な生命保険・医療保険

60代に必要な生命保険・医療保険

60代に生命保険・医療保険は必要?

60代になると、身体のあちこちが痛んできたり、
あるいは病気や怪我になりやすくなります。

 

 

若いときと同じような生活習慣を送れる人はわずかで、
一般的には医療機関にかかることが増えます。

 

 

だからといって、公的医療保険で対応が出来れば、
これ以上のものは必要が無いという判断も十分に可能です。
しかしながら、公的医療保険だけでは不安であるため、
民間のものにも加入をしようとするのは自然でしょう。

 

 

子供がいた場合は、学校を卒業して就職していたり、
家を出て一人暮らしを始めていたり、結婚していたりもするので、
親がいちいちお金の面倒を見る必要がなくなりますよね。

 

 

子供の教育費のために、がむしゃらに働かなくてもよくなるので、
肩の荷が下りたような気持ちになる男性も多いでしょうが、
これからは、自分と奥さんの将来に備えなくてはならないので、
保険を見直し、
少しでも節約できる方法を考えるようにしてください。

 

 

将来への備えをきちんとしていれば、
セカンドライフを充実して過ごせるようになるので、
60代になったら早めに行動に移さなければなりません。

 

 

行動といっても、
何から始めたら良いのかと悩む方もあるでしょうが、
定年退職すると、
これまでのように毎月もらえた給料がなくなるので、
まずは余分な出費がないかを見直すことが先決です。

 

 

給料がなくなると、年金や退職金、
これまでの蓄えだけで暮らしていかなければならないので、
少しでもムダのないような生き方をしなければなりませんが、
食費や光熱費を節約するのには限界があります。

 

 

しかし保険は、大抵の方が見直すことなく、
若い頃に入ったものをそのまま続けている方が多いので、
気付かないまま払い過ぎている方がほとんどです。

 

 

たとえば、高額な死亡保障。
養う人がいないなら、
多額の死亡保障がついた生命保険は必要なしとの考え方があります。

 

 

個人年金保険に入れば、老後の生活資金に役立ちますし、
医療保険を今よりももっと保障が手厚いものに切り替えるのも
考えたいところです。

 

 

50代を過ぎた頃から、男女ともに生活習慣病になりやすいので、
最初は高血圧や糖尿病だったのが、
いつのまにかがんや心臓病、
脳疾患などになってしまうこともあります。

 

 

その際、手厚い保障の医療保険に入っていないと、
高額の医療費の支払いに困窮することになるので、
辛い晩年を送ることになってしまいます。

 

 

しかしどんな病気にかかっても、入院代や手術代、
退院後の保障などがしっかりしている保険に入っていれば、
お金のことは考えなくても済むので、
安心して治療を受けることが出来ます。

 

 

どれだけ具合が悪くても、
お金がかかるといって、病院に行かないようにしていると、
手遅れになってしまうことがあるので、
医療保険については早めに見直しておくことが大切です。

 

 

まずは自分や家族の状況を鑑みて、
必要なものだけに加入をするように考えることです。

 

 

老齢年金をもらい始めたとしても、
現役時代よりも大幅に縮小していることが一般的です。
したがって、
あれもこれもと色々な生命保険に加入をすること自体が、
出費が嵩んでしまい、難しくなっていきます。

 

 

また、持病があれば加入出来ない可能性もあり、
また加入出来たとしても、保険料が一般と比較して、
大幅に増加してしまうこともあり得ます。

 

 

貯蓄や老齢年金等の収入などから、
必要なもの、ポイントを絞って加入をするのであれば、
意味が大いにあるでしょう。

 

 

「亡くなった後、家族に負担をかけたくない」
「最期まで自分のことは自分で」と思う方向けに、
手ごろな保険料で、
お葬式代程度を備える死亡保険も登場しています。

 

 

第三者としての視点で客観的に考え、
また保険料の出費と老後の生活とのバランスの中でも
考えていくことも忘れてはいけません。

 

 

可能であれば、ファイナンシャルプランナーなどの
金融に関する専門知識を有する人から、
助言を受けるのも有効な手段です。

 

 

加入をするときに契約の注意点として、
明らかに不要なものがオプションなどで含まれていたりします。
そのオプションなどは不要であれば断るなどの対応が必要です。

 

 

勧められるがままに加入をしたら、
無駄だったということがよくあります。
無駄なものに出費出来るほどの収入は、
現役時代であればともかくとして一般的にはありません。
必要だと思う保険であっても、
収支のバランスから加入が難しい場合もあります。

 

 

女性の場合は、女性特有の病気に備えた保障も、
見直しとして検討をしていくと良いですね。

 

 

女性特有の疾患とともに、
生活習慣病などのリスクも高まりますから、
それらの保障も安心な内容をピックアップして、検討しましょう。

 

 

まずは、公的医療保険の高額療養費制度で
対応出来るかどうかなどを考えて、
その上で加入の是非を考えていくことも重要となってきます。
公的医療保険は、国民皆保険制度ですので強制加入です。
まずはこちらで使えるものは使っていくことを考える方が、
結果的には出費を抑えることに繋がります。

 

 

スポンサードリンク

60代の生命保険・医療保険の選び方・選んだ理由体験談

投稿いただいた体験談です。

 

これまで、自分自身で、
生命保険や医療保険の必要性を感じたこともなく
生活をしてきました。

 

 

それは、今改めて感謝すべきことだと心から感じています。

 

 

60代になってから、
医療保険に加入しなくてはと思い立ったのは、
姉が突然大きな病気になって入院となり、手術をしたのです。

 

 

手術・入院となると、入院日数も長くなります。
当然、かかる費用も想像以上でした。

 

 

それまで、自分が元気だったこともあり、
保険は不要だなどと思いあがっていた自分を、
本当に恥ずかしいと感じました。

 

 

姉は、約1年余りの間に計7ヶ月ほどの入院をしました。
姉は、堅実な考え方を持った人でありましたので、
保険は、いろいろと出来る限りのものに加入をしていたようです。
結果的には、保険を利用し、
本当に十分な治療を受けることができたと喜んでいました。

 

 

もし、私が同じ立場だったら、経済的な不安もあり、
気持ちを落ち着かせて、療養を続けられなかったのではと
空恐ろしく感じたのでした。

 

 

そこで、私も60代になって初めて、
医療保険に加入をしておかなくてはと思い立ったのです。

 

 

年々年齢が上がるごとに医療費がかかることは、
テレビなどでもよく聞いていました。
それを聞いていた時には、恥ずかしながら、
まるで他人事のように思っていたものでした。

 

 

収入もこれから減っていく60代以降に、
改めて生命保険や医療保険に加入をする必要性は
ないという人もいます。

 

 

しかし、医療に対してかかる費用をどのように捻出するのかは、
それぞれの考えにより選び方があります。

 

 

私が医療保険を選んだ理由は、
間近に、十分な保険金を利用して療養ができた姉を見ると、
安心感が身体に与える大きな影響があるように思いました。

 

 

病気にもよると思いますが、
保険の適用が認められていない先進医療を受ける時にも、
躊躇することもないのです。

 

 

病気となると、
医療機関に医療費を支払うだけが費用ではないことも
姉の療養生活から身をもって知ることができました。
生活の小さな一つ一つ、非常に細かいことにも、
お金は必要となってきていました。
元気いっぱいに、
体を自由自在に動かすことができる生活の中では、
全く想像すらできないことなのです。

 

 

私は、現在保険契約後の感想として言えるのは、
とにかく安心して、
病気に向き合える状況になったっということです。

 

 

今はとてもホッとした気分で、毎日を過ごすことができています。

 

 

>>保険の専門家に無料で相談する2つの方法

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 保険見直しの見積もりと相談方法 代理店型・ネット型の違い