40代に必要な生命保険・医療保険

40代に必要な生命保険・医療保険

40代に生命保険・医療保険は必要?

働き盛りとも言える40代ですが、
この頃から体調不良を抱えたり、
あるいは持病で苦しむ人も増え始めます。

 

 

そのため、民間の生命保険や、医療保険への加入を
考える人も多くなっていくわけです。

 

 

医療保険についても、生命保険についても、
公的なものとの組み合わせで、
考えることがとても重要になってきます。

 

 

医療に関して言えば、
国民健康保険にしろ社会保険にしろ、
高額療養費制度の利用で
自己負担をかなり抑えられますので、
その上でさらに必要な保険を選ぶという発想で探せば、
問題が無いことも多くあります。

 

 

ただし、健康保険証が原則として使用出来ないような
先進医療などは高額になりますから、
こうした場合などに備えて、
加入をするという考え方はあるでしょう。

 

 

この場合、
民間の保険会社各社から様々なものが販売されています。
生命保険などに限らず、
家計の金融関係におけるプロフェッショナルである、
ファイナンシャルプランナーなどに相談をしてみる手が有効ですね。

 

 

まだ子供が小さい40代男性は、
夫である男性の死亡保障が何よりも重要です。
場合によっては、
保険料の安いインターネット型保険の定期型などを選びながら、
保障をさらに付けられるように、
収入保障にも加入するのがおすすめです。

 

 

さらに40代はがんのリスクも高まる時期です。
がん年齢に突入するこの年代は、
保険料が安いうちに終身タイプに加入することを、
検討することも重要になってきます。

 

 

がん保険や医療保険は、若いうちに早めに加入すればするほど
保険料というのはセーブできるものです。
若干保険料が高めに感じても、
早めに手厚い保障がある商品に加入することは。
結果としてたいへんお得になります。

 

 

40代は、ちょうど子供の小学校、中学校、高校などの
入学の時期に重なります。
教育費の負担が重くのしかかる年代ではありますが、
こうした子供たちが独立していくまでには、
まだ10年あまりがありますので、
死亡保障をしっかりと押さえておきたいものです。

 

 

また、がん保険もこの時期に加入したい保険の一つです。
がんと診断されたら、一時金が給付されるものなど、
診断給付金がついた保険も多く利用されています。

 

 

40代の女性は、育児中心の方、ワーキングウーマンの人など、
生活スタイルが様々です。
保険に加入した時は、新入社員で働いていたような人も、
40代で育児中心になっているようであれば、
保険ももっと今の自分の生活にあったものに、
きちんと見直しておく必要があります。

 

 

年齢にあわせた保険を選んでいくことも、
自分のライフスタイルを考えていく上で大事なことです。

 

 

また、専業主婦の人の場合は、
自分の保険にそれほどたくさんの掛け金をかけられない、
といったこともありますよね。
ですから、割安な商品で納得できるものを探すことも大切です。

 

 

無料で相談を行っていたり、
あるいは居住地の市役所、商工会議所などが
無料のセミナーなどを不定期で開催していることがよくあります。
こうした場を利用して勉強してみることも大切です。

 

 

また、現在加入しているもので不要なものがあれば、
早めに契約を解除することも大切です。
特に特約に関しては、
不要な場合があるのでよく確認した方が良いことも多いです。

 

 

いずれにしても公的医療保険でカバー出来るもの、
出来ない部分をカバーーするという発想を持つことで、
毎月の負担が重い保険料を抑えることに繋がります。

 

 

スポンサードリンク

40代の生命保険・医療保険の選び方・選んだ理由体験談

投稿いただいた体験談です。

 

夫の結婚前からの生命保険・医療保険が
更新時期を迎えて、夫婦で納得がいくように選びました。

 

 

保険会社の営業さんも3、4種類の保険商品を持ってきて、
それぞれの商品について特徴を説明してくれました。

 

 

保険は、家族構成などその時期に合わせて
見直していった方がいいと私も考えていました。

 

 

夫が40代となって、子供たちも学齢期であることから
教育費の心配があること。
人間いくら健康だと思っていても、
40代になればどこかはメンテナンスが必要になるだろうこと。
もし万が一のことがあったら、
年金支給開始年齢までどのように生きていけばいいのかわからないこと、
などから加入しました。

 

 

選び方としては、
シンプルに、どうしても外したくないと思う希望を重視しました。

 

 

私は、基本的に心配症です。
保険は、あれも心配、これも心配と思うと、
どんどんオプションをつけてしまい、
しまいには、家計を圧迫するようなことにもなりかねないので、
この時期のこの保障は外したくないという希望を、
はっきりさせるようにしました。

 

 

また、新しい保険の保険料は、
それまでの保険の保険料とそれほど大きく変わらないことも
大事な点でした。

 

 

生命保険部分は、子供たちに経済的な理由で、
大学進学を断念することのないようしたかったので、
今後十数年は特に充実した保障を一番に考えました。

 

 

そのうえで、健康上の問題で、急に入院が必要になったなど、
まとまったお金が必要になったら困ること、
通院に関係する費用も想像以上にかかるだろうことなど考慮しました。

 

 

すると、生命保険部分が契約時が最も高額で、
時間が経つにつれ暫時減っていく逓減保障タイプで、
(逓減されると言っても、
ひどく金額が下がるわけではありませんでした)
入院も通院も保障がある医療保険が、
我が家には適しているだろうとなりました。

 

 

逓減ってちょっと嫌だなとも思いましたが、
毎月の保険料との関係もあります。
仕方ないというよりも、逓減であっても、
子供たちの進学時ではひどく少なくなるものではなかったというのが
納得したところでした。

 

 

それらが、私たち夫婦が今の保険を選んだ理由です。

 

 

契約後の感想は、十分悩んで、夫婦で出した結論なので、
満足のいく保険を選んだと思っています。
しかし、やはりもしかして
別の保険の方が自分たちには良かったのではないか、など
未だにふと悩むことも正直あります。
でも、よくわからないまま、勧められるままに契約したのではなく、
自分たちが主体的に選んだ保険なので、
その点については自信を持っています。

 

 

>>保険の専門家に無料で相談する2つの方法

 

 

こちらのサイトでは、
複数の生命保険・医療保険・がん保険の保険料を比較できます。
気に入った商品のパンフレットを
無料で一括請求することもできます。

 

>>【i保険】保険の一括資料請求はこちら


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 保険見直しの見積もりと相談方法 代理店型・ネット型の違い