50代に必要な生命保険・医療保険

50代に必要な生命保険・医療保険

50代に生命保険・医療保険は必要?

そろそろ職場での定年が見え始める年代の50代では、
今後の生命保険や医療保険について真剣に考える人も増え始めます。

 

 

この年代からの病気で最も怖いのは、ガンを発症する事でしょう。
ガンであっても、
初期の段階であれば完治する事例が数多くありますが、
50代の男性と言えば、
重要な役職について会社からも期待され頼られる存在です。

 

 

少々体調が悪くても、病院にゆく事を伸ばして、
ガンなどがかなり進行してしまう事例もあります。

 

 

最近のガン治療は先進治療が進んできて、
高度な治療方法によって、
完治したり延命できるようにもなってきました。

 

 

しかし、この先進治療は、健康保険適用が出来ずに、
かなりの高額の治療費が必要になる場合が多いのです。
その為にも、これらの先進治療費も補償できるような
医療保険に加入して、万が一に備えておくことは、
本人にとっても家族にとっても一つの安心材料です。

 

 

定年までしっかりと働きたい人、
また定年後も再就職などで働きたい人などが
多くいる年代になっています。

 

 

会社等勤務先では、社会保険や厚生年金に加入しているため、
こちらである程度は対応が出来ることが少なくありません。

 

 

一方で、退職後の、
社会保険などの整備が出来ているかどうかは分からないため、
民間の生命保険や医療保険でカバーしようという考えを
持つ方も多いはずです。

 

 

そもそも、公的保険には必ず入っていますよね。
公的保険の制度を知って活用が出来れば、
あえて民間のものへの加入をしなくてもいいという判断に
落ち着くこともあります。

 

 

まずは、加入している保険制度、
またすでに民間のものへと加入をしている場合には、
それだけでは足りないのかどうかを見極めることが重要です。

 

 

特に昨今では晩婚化が進み、
50代とは言っても、まだ学生の子供を持つ親が少なくありません。
したがって、自分だけではなく、
子供などの家族のことを考えての加入を検討する必要性が生じます。

 

 

子供達は独立して、自分で生活を賄えても、
残された奥さんが生活に困らないだけの保障が出るように
考えるべきでしょう。

 

 

保険料が高額になるようなら、
死亡後の遺族年金などの計算もして、
どの程度の保障があれば老後に備えるかも計算してみましょう。

 

 

死亡時だけでなく、健康で生涯を全うをする場合も、
老後の年金だけで生活が保障できるかも考えるべきです。

 

 

持ち家か借家かなどそれぞれの生活環境によって、
必要月額には差が出てきますが、
これをしっかり把握する事がとても大切です。

 

 

場合によっては、故郷の田舎に帰って生活すると、
田舎に父母の残した家があり、趣味程度に農業をやる事で、
少々の余裕が出てくる場合もあります。

 

 

また物価の安い東南アジアに移住する事で、
生活に余裕を持てるようになるかもしれません。

 

 

このように老後のあり方をシュミレーションして、
必要な生活費を算出しましょう。

 

 

どうしても年金だけの生活が苦しいようなら、
年金代わりになる保険に加入する事も考えなくてはなりません。

 

 

ただし、50代でまだ会社等で働いている場合には、
社会保険や厚生年金などが充実していますから、
さらに民間に加入をするだけの意味があるかどうかは
慎重に考えましょう。

 

 

さらに、民間の保険料は高額になりやすく、
特約などを付けると、軽く1万円を超えてきます。
そこまでして手厚くした方が良いのかどうかは、
個人ごとの環境で違います。
こうした視点で考えなければいけません。

 

 

すでに民間の保険に加入をしている場合は、
不要なものはないかどうかのチェック、再点検も大切です。

 

 

年齢を重ねるごとに、加入条件は悪くなる傾向にあります。
そのため、民間の保険に更に加入をする場合には、
契約の注意点などをよく把握して加入をすることが必須です。
公的なものだけでは足りない場合に、
民間のものでカバーをするという発想を持つことが大事ですね。

 

 

既婚者の女性の場合には、
配偶者にどこまで残すのが順当なのか悩ましいところですが、
家のローンがあるのかも重要なポイントです。

 

 

夫が死亡すると、家のローンなどがなくなるといった
「団体信用生命保険」に加入していることも多く、
マイホームローン返済の負担を減らすことはできます。

 

 

しかし、マイホームの名義人となっていない妻がなくなっても、
ローンの負担額は減りません。
女性もしっかり働いていることが多い時代ですから、
これが家計を狂わすことになりかねません。
そういった意味から、配偶者のために残す必要性は、
男性も女性もあるものです。

 

 

女性は、
「自分が順当にいけば稼いだであろう額」に近い金額まで、
減額しても確保しておくことは必要かもしれません。
しっかりと資産形成ができているなら、
死亡保障として備える額も小さくできますし、
全く必要がない人と考える人も多いでしょう。

 

 

しかし財産があって、相続人が複数いる場合、
相続でもめるような「要因」がないか、
その点のチェックを行いましょう。

 

 

「もめるような財産はない」と考えがちですが、
実際にもめているのは5000万円以下の相続の場合が、
遺産分割調停の7割以上を占め、
1000万円以下でも3割を超えています。

 

 

トラブルにならないように、
保険を上手く活用することも一つの方法です。

 

 

たとえば、家などの財産しかなく、
遺産が相続人すべてに公平に分割出来ないような時には、
「終身保険」の活用が有効です。

 

 

年齢に関係なく、死亡すれば死亡保険金が支払われます。
死亡保険金の受け取り人を、
被相続人と同居の家族にしておけば、
遺産分割の時には、
保険金によって代償分割を行うことが可能です。

 

 

死亡保険金は、受取人の財産として扱われますので、
遺産分割において有効に使えることになるのです。

 

 

せっかく今まで頑張ってきたのですから、
老後は楽しく余裕のある生活を送りたいものです。
ある程度の老後の姿が想定できたら、
第三者としての専門家から助言を受けるにもよいと思います。
このところ、よく耳にする
「ファイナンシャルプランナー(FP)」といわれる人たちです。

 

 

スポンサードリンク

50代の生命保険・医療保険の選び方・選んだ理由体験談

投稿いただいた体験談です。

 

50代を迎えて、家族全体の資産を考えはじめました。

 

 

家もローンなので、自分に何かあった時に、
家族に残してあげられる資産が少ない事に気が付きました。

 

 

資産としては、価値はかなり低く見積もられてしまうので、
その後の家族の生活を考えるととても不安になりました。

 

 

50代になって、医療保険も毎月支払っているので、
特に別に加入する必要も無いと周囲は気にしていませんでした。
しかし、長生きするとすれば、年金だけでは、
とても夫婦では生活して行けない不安もぬぐいきれません。

 

 

老後を考えながら、不安の無い生活を送るには、
都合の良い保険は無いかと検討していました。

 

 

選び方としては、ガンなどに対応出来る、
医療保険が付いた生命保険型の保険が無いかと探していた所、
妻がネットでとても良い保険を探しあて、
早速加入する事にしました。

 

 

選んだ理由は、やはり50代であるということを考えると、
様々な病気のリスクを考えなければならないと言う点。

 

 

こども達に、私達が死亡した時に、
渡す事が出来る保険が良いと考えていたからです。

 

 

しかし、今後妻とふたりで暮らしてくいく中で、、
かなりつましい生活をしなければならないような、
高額の保険を掛ける気はありません。

 

 

終身保険は、生きている間は受け取る事は出来ないので、
保険料が負担になるのも不安でした。

 

 

保険料が上がらずに、夫婦で負担なく加入できる保険は、
やはり、一定額の掛け金で済む保険タイプが良い
と言う結果になりました。

 

 

しかし、そんな都合の良い保険は、
なかなかみつかりませんでした。

 

 

そんな中、妻があきらめずに、
たくさんの情報を収集してくれたおかげで
なんとか納得のいく保険に辿りつく事が出来ました。

 

 

毎月の保険料は定額なので、
生活費の心配をする事無く加入出来ましたし、
病気や入院時にも一時金が支払われるので、
契約して本当に良かったと感じています。

 

 

契約後は、毎日不安なく暮らす事が出来ています。
子供達の進学も終わり、結婚資金も少し手助けできそうです。
毎月貯金も出来ますので、子供達も安心しているでしょう。
不安がなくなったことで、精神的に余裕ができた気がします。

 

 

50代に適したプランは少ないだろうと考えていましたが、
保険のタイプは、想像よりも幅広くありました。

 

 

乗り換えが自由な保険もありますので、
この先に状況が変化することがあれば、見直しをし、
他のプランに乗り換える事も考えていこうと思います。

 

 

老後も安心して生活していくことができそうです。

 

 

>>保険の専門家に無料で相談する2つの方法

 

 

こちらのサイトでは、
複数の生命保険・医療保険・がん保険の保険料を比較できます。
気に入った商品のパンフレットを
無料で一括請求することもできます。

 

>>【i保険】保険の一括資料請求はこちら


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 保険見直しの見積もりと相談方法 代理店型・ネット型の違い