生命保険・医療保険 | 代理店経由・ネット型の違い

生命保険・医療保険 | 代理店経由・ネット型の違い

生命保険・医療保険の代理店・ネット型の違い

生命保険や医療保険は、
いくつもの保険会社が扱っていますが、
その加入時には、
代理店経由とするか、ネット型を選ぶ人が多くなっています。

 

 

これらは勿論同じ様に保険に加入する事が出来ますが、
いくつかの違いも存在しています。

 

 

1つは保険料!

 

生命保険や医療保険等各種保険に加入しようとする場合、
その内容に見合った保険料を払う事になります。

 

 

この場合、ネット型の時は、
保険会社と加入者が直接契約となりますが、
代理店経由の場合は間に代理店が入ります。

 

 

そのため、手数料が発生する事になるので、
同じ内容の保険に加入したとしても、
どうしても保険料には差が出てしまいます。

 

 

2つ目は内容を決める時!

 

ネット型の場合は自分で全てを決めなければいけません。

 

 

ベースの状態にどういったオプションを付けるのかも
自分で決める必要があるので、
ある程度の保険に関する知識が要求されます。

 

 

反対に代理店経由の場合は、
最終決定は自分で行う事になりますが、
自分に合っているプランは、
代理店の方からいくつか提案してもらう事が出来ます。

 

 

そのため、自分自身があまり何を選ぶ必要があるか
分かっていない時でも、
自分の置かれている状況に合わせたプランが
選びやすくなっています。

 

 

3つ目は保険金請求時の対応

 

ネット型の場合は、自分で直接契約をしている状態なので、
保険料の請求は自分で全て行う事になります。

 

 

書類を用意し、それを提出し、
さらに不備がある場合はそれに対応する事になります。

 

 

代理店経由の場合は、間に代理店が入っているので、
自分の代わりに動いて貰う事が出来ます。

 

 

書類のサイン等は、自分で行わなければいけませんが、
どこに何を書くかと言う事も教えてもらう事が出来るので、
スムーズに手続きを完了させる事が出来るという違いも有ります。

 

 

まとめ

 

生命保険・医療保険は、
自分のライフスタイルに合った物を選ぶ事になりますが、
その場合は、
代理店を利用するのかネットを利用するのか、
それが大変重要な分岐点となります。

 

 

その人の置かれている環境、
予算等によっても選ぶべきタイプが変わってくる為、
どちらを選ぶべきと言う事は簡単には言えません。

 

 

まずはそれぞれの違いを良く理解し、その上で
自分にとってはどちらを選ぶ方が良いかを決める事になります。

 

 

管理人の見解といたしましては、

 

 

ある程度保険の知識に自信のある方は、
自分で責任をもって直接契約する分保険料が安いネット型。

 

 

保険知識に全く自信のない方は、
代理店の担当者に頼ることのできる分、少し割高な
代理店型をおすすめします。

 

 

両者の違いを理解すると共に、
それぞれのメリット・デメリットも理解し、
より自分にとって
選ぶメリットを感じる事が出来る方を選ぶというのが
生命保険・医療保険選びにおいて大切なことです。

 

 

とはいうものの、
何が自分にとってメリットがあるかもわからない!
という声も聞きます。
これだけ多くの種類の保険が販売されているのですから、
そんな声も当然だと思います。

 

 

ですので、生命保険・医療保険については、
定期的に第三者的な立場の専門家に、
新鮮な気持ちで契約内容がベストであるかどうか、
相談してみることをおすすめいたします。

 

>>保険の専門家に無料で相談する2つの方法

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

>> ネット型生命保険・医療保険のメリット・デメリット

 

>> 代理店経由の生命保険・医療保険のメリット・デメリット


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 保険見直しの見積もりと相談方法 代理店型・ネット型の違い