ネット型生命保険・医療保険のメリット・デメリット

ネット型生命保険・医療保険のメリット・デメリット

ネット型生命保険・医療保険のメリットとデメリットをまとめました。

生命保険・医療保険の一つのタイプがネット型です。

 

 

インターネットを利用して加入する事ができ、
インターネット通販のみで保険を販売しているタイプです。

 

 

このタイプのメリットの一つは、

 

保険料を抑える事が出来るという事です。

 

 

実際に保険に加入する場合は、
その内容に見合った保険料を払う事になり、
生命保険・医療保険の場合は、
内容を充実させればさせるほど高額になります。
中にはその保険料が大きな負担となってしまう人もいます。

 

 

しかし、節約する為に内容を削ってしまうと、
時には必要な保障を受ける事が出来なくなってしまう為、
内容を削るのではなく、
他の方法で保険料を安くする事を検討します。

 

 

そこで注目されるのがネット型です。

 

 

直接保険会社と契約する事が出来るので
余分な費用が発生する事無く、
よりお得に加入する事が出来るようになります。

 

 

もう一つのメリットは、

 

自分で内容を決める事が出来るという事です。

 

 

自分で好きな内容にする事が出来るので、
自分の考えに合った保険にする事が出来ます。

 

 

しかしこれは一見メリットの様にも見えますが、
デメリットとなる人もいます。

 

 

自分で決める事が出来るという事は、

 

自分で決めなければいけないという事だからです。

 

 

そのため、生命保険・医療保険の内容を十分理解して、
自分に合った物を決める事になります。

 

 

理解するためには、細かな書類にも目を通す必要があり、
より深く理解するためには、複雑な保険制度について
勉強する事が必要になります。

 

 

もう一つのデメリットは、

 

決して安いとは限らないという事です。

 

 

ネット型の場合は、
出来るだけ分かりやすくする為に
内容がシンプルになっている物も多いのですが、
それを充実させる為にはオプションを追加することになります。

 

 

そのぶん、保険料がアップしてしまうため、
実際には店舗型で加入するよりも
高額になってしまう可能性も無きにしも非ず。

 

 

そして、代理店型の時のように、
補償内容について保険の専門家に相談して
良い案を提案してもらう事も難しくなるため、
実際には損をしているにも関わらず、
割高の保険や、補償内容に不備のある保険に、
加入してしまっているという事もあり得ます。

 

 

また、保険をいざ使う場合、
保険金の請求をする事になりますが、
ネット型の場合は、
手続きを自分で全て行わなければいけません。

 

 

書類に不備があると、
手続きがそこでストップしてしまう事もあります。

 

 

代理で手続きを行ってもらう事が出来ずに、
全て自分で行うというのも、
ネット型を利用する時のデメリットの一つです。

 

 

生命保険・医療保険については、
定期的に第三者的な立場の専門家に、
新鮮な気持ちで契約内容がベストであるかどうか、
相談してみることをおすすめいたします。

 

>>保険のプロ(FP)に無料で相談できるサービス

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 保険見直しの注意点 保険見直し相談体験談 保険マンモスの評判・口コミ