損害保険の種類と解説

損害保険の種類と解説

保険種類がもっとも細分化された損害保険

保険業法では、保険を大きく3つに分類しています。

 

 

第1分野

生命保険会社が扱う人の生存や生死にかかわる
生命保険

 

第2分野

損害保険会社が扱う、
偶然や突発的な事故によって生じた損害を補てんする
損害保険

 

第3分野

第1分野と第2分野にまたがり、
生命保険会社も損害保険会社も扱える中間的な商品。
医療保険がん保険介護保険
などがそれにあたります。

 

 

この3つの分類の中で、

 

 

保険種類がもっとも細分化され、
もっとも複雑なのが、
第2分野の損害保険になります。

 

 

偶然や突発的なリスクによって生じた損害を、
カバーするための保険なので、

 

  • 自然災害
  • ケガ
  • 盗難
  • 賠償責任
  • 自動車
  • 海外旅行
  • レクレーション活動

 

など、幅広いリスクに応じて、
保険商品が細かく設計されているからです。

 

 

また、個人情報漏えい保険や、
セクハラ・不当解雇で会社が訴えられた場合の
雇用リスク保険
など、時代のニーズにあわせ、
新商品が、常に開発されているのも損害保険の特徴です。

 

「人」・「物」・「賠償」3つのキーワードに分類できる損害保険

 

人にかける保険は、「傷害保険」

 

突然の事故で入院・通院をすることになった場合の補償や、
死亡してしまった場合や、怪我で障害が残った場合などに備える、
人に対する保険です。

 

物にかける保険は、「火災保険」や「地震保険」

 

自分の所有する建物や家財という物に対して保険をかけます。

 

 

美術館の展示品や、
製品の運送中や倉庫保管中に対しての保険も、
物に対する補償になりますし、
自動車保険の車両保険も、
保険の対象である車の盗難や損害をカバーするので、
物保険に分類されます。

 

賠償に対する保険

 

駅の階段で転んで、人を巻き込んで怪我をさせてしまった、
自宅アパートの水槽から階下に水漏れ被害を与えた、
子供がマンションのエレベーターに落書きしたなどの賠償です。

 

 

企業の場合は、提供した料理で食中毒被害を出してしまった、
テナントビルの電気工事で配線を間違えて
火災を起こしてしまった場合などの賠償責任です。

 

 

この様な、他人や第三者に被害を与えてしまい
賠償責任が生じた場合に備えるのが賠償保険です。

 

「人」・「物」・「賠償」を独自に組み合わせた保険商品

 

自動車保険・海外旅行保険・ゴルフ保険など
様々な保険種類がありますが、これらの保険はそのリスクに応じて、
「人」・「物」・「賠償」を独自に組み合わせて設計されています。

 

自動車保険の場合、

 

人身傷害・搭乗者傷害保険で「人」を補償、
車両保険で「車」を補償、
対人対物賠償で「相手への賠償責任」を補償します。

 

ゴルフ保険の場合、

 

遊戯中の他人に対する「賠償責任」と、
ゴルフ道具への「物補償」、
自分自身に対する「怪我補償」が基本となっています。

 

飲食店舗の火災保険の場合、

 

建物・什器備品・商品などの
「目に見える物」だけに保険をかけるだけではなく、
「利益という目に見えない物」に対しても
保険をかけることが出来ます。

 

 

火災で休業した時に、
被災した什器備品の保険金だけもらっても生活できません。
休業している期間の休業補償・利益補償も、
希望すれば保険で対応する事が可能になります。

 

損害保険契約の注意点

 

このように損害保険は、
人・物・賠償を任意に組み合わせており、
それぞれ補償範囲が細かく決められて、
更に契約者の希望に沿って、
ある程度自由に商品設計が出来るのが特徴です。

 

 

注意しなければならないのは、
契約時に設定した範囲から外れた事故や災害には、
保険金が一切支払われませんので、

 

  • 「どんなリスクがあるのか」
  • 「どんなリスクに保険をかけるべきか」
  • 「どの程度の保険金額ならトラブルを解決できるのか」

 

を自分の中で明確にして、契約する事が非常に大切になります。

 

 

パンフレットとあわせて
「契約概要」と「注意喚起情報」をしっかり読み、
補償される内容、補償されない内容を把握して、
疑問に思う点や不明確な点があった場合は、
何度でも質問して充分に理解してから加入すべきです。

 

>>保険の専門家に無料で相談する2つの方法

 

 

>>医療保険の種類と解説


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 保険見直しの見積もりと相談方法 代理店型・ネット型の違い