保険の見直しの注意点

保険の見直しの注意点

保険の見直しの注意点、それはきちんと比較すること。

保険の見直し、最近よく耳にしますよね。

 

 

自分には関係ない事と思っている方も多いですが、
実は、意外と関係があるんです。

 

 

健康に心配なことが起きた時、
万が一の事態に、
経済的に余裕がもてる金融商品というのが保険です。

 

 

この金融商品と言うのがポイントで、
月々の支払いのために、
大きな出費になっている場合が多いと言われています。

 

 

そして、個人個人それぞれのライフステージを見極めて、
保険の内容を充実させることが重要になります。
それこそが、

 

 

保険の見直し

 

 

という行為になります。
毎月当たり前のように支払っているから大丈夫ではなく、
その大半が“無駄な”出費をしていることが多いと
言われています。

 

 

見直しをしたいからと、外交員に相談をしたところで、
外交員としては、営業成績になりますから、
もっと良い商品ですと言って、
自社の儲けになるようなものを紹介するのは当然のことです。

 

 

しかし、最近では、会社を問わずに、
その方の生活に合うものを紹介してくれるサービスも
増えています。
見直しの際には、そのようなところを活用するのがオススメです。

 

 

例えば、社会人になった時に加入したものがあるとします

 

それから、結婚をして、子供ができてと
人生は変化していきますが、
その際に結婚をしたのだから保障を大きくとか、
お子さんのためにと、
いろいろと付随させられている場合が多いです。

 

 

これも見直しの一つですが、
そのような内容は本当は必要なかったり、
実は更新型を勧められて、
突然保険料が上がってしまったなんていう経験を
されているかた少なくありません。

 

 

以前は、
外交員に勧められるまま加入していたという方も多いですが、
最近では、ちょっと待った、もっと良いものがありますよ、
会社を変えれば、というケースも少なくありません。

 

 

金融商品と言うのは、掛け捨てではない場合、
解約金が発生したり、積立になっていたり、
ファンドとなっているものもあります。

 

 

よく内容を確認してみて、
加入年数がながければ長いほど、
解約金部分やファンドがたまっている場合も少なくありません。

 

 

そうして、外交員が来て、もっと良いものがあると紹介され、
その解約金などを元手に、
コンバージョンという名の乗り換えもするケースもあります。

 

 

これも一種の見直しですが、
その時にその会社のものは解約をして、
違う会社に乗り換えたほうが良い場合も見受けられます。

 

 

そのようなことをする時には、
各保険会社と利害関係がない見直し専門機関に行くことで、
様々な会社の商品から、ベストなものを選択すること、
これが本当の見直しになります。

 

 

保険見直しの注意点として、

 

  • 外交員の言うコンバージョンには簡単に乗らない、
  • 必ず他の会社の保険も比較検討をしてみる、
  • 自身のライフステージをきちんと把握をすること、

 

これが大切です。
そうなると、やはり専門家のアドバイスなどが必要です。

 

 

そして、万が一の商品としての扱いではなく、
貯蓄や老後の蓄えのための金融商品として認識することで、
よりお得にうまく活用されることをオススメします。

 

 

保険業界は、ここ10年くらいで大きく変貌を遂げています。
外資系の会社が多く参入してきたことで、
合理的な内容のものが増えています。
素人ではなかなか判別つかないものが多く存在しますから、
必ず専門家を交えて話をすることをオススメします。

 

 

その時に専門家とは、できれば外交員ではなく、
会社とは関係ない方、
例えば独立系のファイナンシャルプランナーと話をされることで、
本当に自分に必要な保障と保険料の上手な活用方法を
見つけることが大切です。

 

 

一見得をするような説明をしてくる外交員の話は、
聞いているととても良いものに見えます。
確かに、良いものであることも多いですが、
自分には必要がないものまでいろいろと入っていることが多く、
それが保険料に反映してしまっていることも多いことを
知ってください。

 

 

>>持病があっても加入できる保険を選ぶ時の注意点

 

 

>>保険見直しのタイミング | トップページ


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 保険見直しの注意点 保険見直し相談体験談 保険マンモスの評判・口コミ